33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

40 今日で世界が終わるなら。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

 

帰ったらハイボールタワー(空缶)が片づけられていました。おかあさんの手によって。

もう少しで完成だったのに…。

 

しかしこう、大失恋も乗り越えたことですし、いい加減お酒控えなきゃなあ、とも思うのですが。どうにも一人で飲んでると調子に乗るよねえ。

 

2本でやめときゃちょうどいいのに。

 

っしゃーいったれー!!

っつって3本目を飲むと大体寝落ちしています。そんで寒くて目が覚める。

 

 

 

 

 

ではタイトルの件。

 

今日で世界が終わるなら、みなさんどう過ごしますか?

家族でのんびり?こいびととデート?美味しいもの食べる?はたまた一人で寝とく?

 

わたしはですね、その時に熱烈なこいびとでもいれば。その人に会いたい、会いに行く、とかするでしょうが。

いまの時点で考えるとふつーに家にいて、マイクラでもやってるかベースでも弾いてるかだと思います。

さすがに最後の日は仕事行かない。さぼるわそんなもん。誰が行くかよ。っていうか辞めるわ。

 

 

 

で。

今日書きたいのはどう過ごすか、ではなく。

 

その希望する過ごし方って実際叶うの?ってこと。

 

既婚者の方とかね、仲良しなカップルさんとかだったら。

 一緒に過ごす、っていうの。多分問題なく叶うでしょう。そりゃあもう、手を握りながら最後の瞬間を迎えたらいい。

 

 

問題は片思いの人よ。

 

最後の最後だから、想い人さんに会いたい!そして気持ちを伝えたい!!

 

と。うんうん、そりゃそうだよねえ。もう全部終わっちゃうんだもんねえ。

 

 

 

でも、そもそも会ってくれるかな…?

 

だって最後の日でしょ?想い人さんにも想い人さんの思う一緒に過ごしたい人がいるわけで。

そんな日にすきではない(恋愛的な意味で)人に会いたい、って言われて、あなたなら会う??わたし会わないよ。だって時間ないっつうの。

 

なのでちょっと細かくシミュレートしてみました。さっきベースでも弾いてるかも、って書いたけど、それ一旦なし。

 

じゃあね、お昼の12時。今日一杯で世界終わるからと。なんか偉い人から全世界に向けて発表があったとしよう。

 

それを聞いて、わたしは一体どうするんだろう。考えました。

 

 

 

まずね、スーパーに行く。結構お金持って。

 

んでそこにある様々な肉を多めにカゴに入れ、もちろんハイボールも。そんでレジに、ってレジの人いるか分かんないけど。

まあいなかったらとりあえず自分で計算して。これなら足りないことはないだろう。ってぐらいの金額を置いていく。

 

家に帰れば忙しい。早いとこ火の準備。

 

え?何やんの?ってBBQだよBBQ。あ、もしかしたら炭切らしてるかもしれないから行くのは何でも揃うトライアルにしよう。スーパーじゃなくて。

 

でね、田舎者は火なんてパパっと起こせるから。少しついたら放置して、次は食材の準備。

塩コショウや牛タン用のレモン汁用意したり。エビに串刺したりなんかして。

トウモロコシは食べるか分からないけど、あるとぐっと雰囲気が増すから一応焼くか。

 

そうこうしてたら炭に十分火がまわって。

 

この時点ではまだ日も高いけど、こんな時間から飲めるなんてぜいたくー♡ってハイボールあけて。牛タンを焼き始めるわけです。

そしたら何でか親も合流して。それぞれがすきなお酒で勝手に肉を焼いてうまいうまいって食べるのです。

 

 

 

…何だかこう書いてて思った。

 

 

 

 

 

わたし、連鎖止めるわ。と。

 

 

さっき書いた、片思いの人問題。

 

きっと世界のいたるところで、

 

A子さんはB男くんに会いに行くもB男くんはC子さんに会いに行ったため不在。

 

C子さんはD男くんに会いに行ったためB男くんはC子さんに会えず仕舞い。

 

D男くんはE子さんに…

 

 

と。こんな悲しい負の連鎖が起こるんじゃないかと思うのです。

 

だからもし、もしもね。

わたしがこの負の連鎖の一端を担うことがあるのならば。

 

わたしね、家にいようと思う。肉焼きながら。

 

やっぱりね、わざわざ時間を取ってまで外で会うことは出来ない。世界の終わりの日に。わたしもちょっと、忙しかったりするしさ。

 

その時電話が通じるのか分かんないけど。J男あたりから、ちょっといまから時間取れない?駅前の公園に来てほしいんだけど。

 

みたいなこと言われても、それは断る。ごめん行けない。肉焼いてるから、って。

 

だからもし、うちに来て。

わたしニッコニコでエビの殻むいてるけど。横で親が酒飲んで肉焼いてるけど。

 

それでも想いを伝えてくれるのならば。わたしはちゃんとそこにいて、話を聞くよ。

 

そっか、ありがとう。

 

 

でもごめん。と。

 

 

そうやってわたしは、負の連鎖を一つだけど止めたい。

 

そしてやっぱり誰も手をつけなかったトウモロコシを、J男に食べる?っつって渡します。

 

 

  

 

 

なんてことを仕事中に考えていたら無性に牛タンが食べたくなったので帰りに買いました。

 

 

わたしの世界は明日からも続いていくので、買うのは牛タンだけにとどめました。

 

 

 

ほいじゃあ、またね!(焼くのもお手軽フライパン☆)