33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

73 来るべきときが来たとしても。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

 

朝起きなくていい日ってしあわせだよねえ。だから昨日はのんびーり飲んでました。結果的に量は多くなるけど、それは仕方ない。もう、ほんと。それは。ね。

 

のんびり飲んでれば合間で酔いも醒めるので。そんな悪酔いせずに飲めるのです。

諸々あった時のアホみたいな飲み方からすると、だいぶましだなあ、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

では早速タイトルの件。

 

 

最近妄想がはかどっちゃって。今日もソレ系です。

 

 

 

 

 

これまでに、生きていくうえでのこんな記事や 

www.atamagaokashikunatta.com

 

 

こんな記事を書きましたが。

www.atamagaokashikunatta.com

 

 

 

 

先月病院に行った時にですね。

 

先生が女性の方で。可愛いんです。

 

わたしより若干年上の方、っていうのは分かるのですが、可愛いんです。

綺麗、っていうよりキュート、と言うほうが似合うような。

 

 

でね。

 

先生の話頭に入んないの。ごめん、ほんと。だって可愛いだもん。しょうがないやん、わたしこんなやし。

 

 

 

そのとき頭の中では。

 

わたしはさっきの記事のような考え、行動で生きていますので。

 

最悪今日。不慮の事故で死ぬ、ってなっても。

たいした後悔はない。

 

 

や、もちろんいやはいやだよ!出来ればそうなることは避けたい。親にもさ、先に死んじゃったりしてごめん、て思うし。

 

 

でも。あああこんなことならああああ。ていう風には思わない。

 

すきな人にはすきって言ってきたし。わたしそのへんの愛情表現は欧米かな?ていう人なので。

 

 

仕事終わって帰ってはお酒飲んでベース弾いて。けっこう楽しく生きてるし。

眠くたって、少しぐらい明日がきつくたって。

イクラやりたきゃやってるし。

 

 

 

 

だからいまもし天井が崩れてきたら、わたしは先生を突き飛ばして潰れる覚悟だよ。

 

なんて思いながら先生を見ていました。(話は聞いていない。)

 

 

 

 

 

 

我ながら気持ち悪いね。やっぱり立て続けに振られてこたえているのでしょうか。

 

 

 

 

人の価値、なんてはかれるものではないけど。

 

わたしと先生、どっちが世の中に有益か。って言ったら、それは間違いなく先生。ひとを救える技術と知識を持ってる。とてもすごいひと。

 

でもわたしはね、まあまあ替えがきくので。どっちが潰れるか、ってなったら。やっぱりわたしだな、と思っています。

 

別に卑屈になってる、とかじゃないからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井崩れなくてもさ。なんか、別の理由で、しんでしまうとして。

 

 

死神さん来るわけ。ガイコツで。黒のローブ着て。でっかい鎌持って。

 

 

ちょっとびっくりするよね。わ、あんただれやん、って。

 

 

 

すいません死神です、って。

 

あ、そうなん?結構イメージ通りなんだね。

その鎌ってどこで売ってるん?ドンキ?コメリ?しかしでっかいねー

 

 

なんてやり取りをしつつ。

 

 

あなた今日寿命です、とか言われるわけ。

 

 

あーそっかそっか。そうなんかー…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと待って。

 

ごめんね、ワガママかもしれんけど。

 

 

あなた(死神)男性??

 

 

あのね、わたしこういう人間(ビアン)なわけ。

最後の最後ぐらいさ、気きかしてくれたっていいやん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の死神おらんの??

 

 

と。それはもう言いますよ。死ぬときぐらいがんっがんに言いますよ。

 

 

 

厄介なクレーマーと化したわたしに背を向け連絡を取り始める死神さん(男性)。

少しのやり取りを終え、こちらに向き直り。

 

えっと、2時間ぐらい待ってもらっていい?したら女の死神来れるから。

 

って言うわけ。

 

2時間かー。まあでもこっちのワガママだからね。オッケーありがとう!

この場から離れん方がいいかな?ていうかあんた、ちょっとソレ(鎌)見せてよ。

 

つって見せてもらってね。あ、じゃあ自分そろそろ行きますんで。

 

て彼は次の仕事に行くわけ。

 

 

 

わたしはぼさっと待っててね。

そこにどうもー、って来るわけ。女性の死神さんが。(なんか、出張してくれるやつみたいだね。何の、とは言わないけど☆)

 

 

 

じゃあイきますね、って言われて。

 

 

ここでもふと。

 

 

 

 

待てよ、さっきの死神さんが男性って分かったのは、なんとなく。

 

ほんでいままさに。わたしの命をきっとこう。

ザンッ てしようとしている死神さん。女性の死神さん、とのことだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとに…?

 

 

 

 

 

 

 

と、見分けられないと困るので今日は骨に見る男女の違い。みたいなことを勉強していました☆

 

 

 

頭の中がだいぶ末期です。

 

 

 

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

  

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村