33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

98 猫さんの腎臓病(腎不全)について。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあー…。

 

 

昨日一昨日の記事を見返しまして。

 

 

たしかに彼女とのお付き合いを通じて。自分の器もね、ちょっとは大きくなれたかな、出来たかな、とは思うのですが。

 

 

わたしたぶん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陶器なんだよね。

 

 

いくら容量が増えて良かったね、って言っても。重いの。

 

もうさ、出来ることなら。百均の、プラスチックみたいなのがいいわけ。

 

容量たくさん入るのに、重くない。

 

人間だったらめっちゃよくない??

 

それに比べて、陶器(わたし)。

 

 

重いわ落としたら割れるわ。だめやん。

 

 

 

だから来年の抱負はプラスチックになりたい、とかそんなのにしときます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではタイトルの件。

 

 

みなさん猫さんすきですか?飼ってますか?

 

 

 

わたしはこんな感じで。 

www.atamagaokashikunatta.com

 

家で「飼えた」期間なんて二週間ほどしかなかったのですが。

 

 

ブログタイトルにある元々カノさんがね。猫さん飼ってて。

人様の猫さんについて書くのもどうかなあ、と思ったのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしめっちゃお世話しましたので。いいやろ。と判断。

 

あと、ほんとに。猫さんの腎臓病について。

少しでも、ふーん、て思ってくれる人がいればいいな。と思って。

 

 

 

 

 

 

元々カノさんとの同棲が始まり。

 

最初こそテレビの裏に隠れちゃったりして。出てこないわけです。

 

わたしも猫さんとの接し方はいまいち掴めてなくて。無理に距離を詰めるのはよくない、ぐらいは分かってたけど。

 

極力、意識しないように過ごしていました。

 

あくまでも、彼女(メス)が自分から出てくるように、と。

 

名前は、そうですね。

サバトラなので鯖子さん(仮)にしときましょう。

 

 

 

少し話は逸れますが。

 

猫さんっていろんな柄がありますよね。

 

真っ白から真っ黒。茶トラや三毛。

サバトラと一口に言っても灰サバトラや灰白サバトラなど。

 

 

人間で言う血液型診断みたいなもの、と思っていますが。

柄によって性格はこんなん、みたいなのがありまして。

 

わたしが飼いたい黒猫さんだと甘えん坊とか。三毛さんはもう、女子!って感じの性格とか。(実際メスがほとんどだしね。)

いろいろあるのですが。

 

 

サバトラさん。

 

 

人懐っこいか神経質か、極端なパターンと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まーぁ後者だったよね。

 

 

何度ひっかかれたか。何度しゃーしゃー威嚇されたか。(それなのになぜわたしは猫奴隷に…。)

 

ちなみに九州地方では引っ搔くことを 「かかじる」と言ったりします。なので猫さんに引っ搔かれた時は「かかじられた」となります。

 

まあ普通に引っ搔かれた、て言いますけどね。

 

 

 

 

 

そして日が経つにつれ。お互い少しずつ慣れてきて。

初めてお腹の上に乗ってくれたときなんてあんたもう。

 

ふおおおおまじかよやったぜ!!!と脳内で歓喜し。(大声厳禁)

 

最終的にはひょいひょい抱えることだって出来るようになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

去年の夏ごろ。

 

なんかちょっと元気ない?みたいな日がありまして。

2,3日様子見て、しんどそうなら病院行くか、と話し。

 

するとその2,3日で明らかに動きが減り。元々カノさんと病院へ。くろさんの時にもお世話になった、イケメン先生のいる病院です。

 

 

で。検査してもらい。

 

 

細かい部分は端折りますが、腎臓の数値がえらいことになってて。

 

段階的にはすでに末期。何もしなかったらあと数日もつかどうか、みたいな状態で。

 

え、つい先日まで普通にキャットタワーに飛び乗ったりしてたのに?て。

 

確かに猫さんに腎臓病は多いと聞くし。まさかウチの子に限って、なんて思ってはいなかったけど。

やっぱりショックでした。腎臓病について調べれば調べるほど、嬉しいことなんて書いてないから。

 

同じように腎臓病で闘病中の猫飼いさんのページとか見て。検査結果の数値とかも書いてあるんだけど。

え、この数値で末期みたいなこと言われてるなら鯖子さんどうなるん?末期中の末期やん、と。それぐらい悪い数値でした。もちろん個体差もあるけどね。

 

で腎臓って一度壊れると再生出来ないから。残った機能をいかに大事にしていくか。ましてこれほど末期中の末期。

 

元々カノさんと話して、治らないということは分かった。治療の選択肢も、そんなにない。けど、少しでも鯖子さんがしんどくないようにしたい。と伝え。

それに対して先生は分かりました、と。

ただ、いまの状態が悪すぎるので、少しだけ入院してそれから様子をみることに。

 

そっからはまた、くろさんの時と同じようにお見舞いに通い。

数値も少し下がり。数日どうこうという危機は脱したな、という状態になり、退院。

 

 

 

 

そろそろ文字数的に切り上げようかと思うのですが。

むしろここからの話をメインで書きたかったんですよね。陶器だなんだ書いてる場合じゃなかったわ。 

 

まあいいや。 

 

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓ 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村