33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

189 それでも未来に希望は持つ。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

 

 

間もなくブログの訪問者数が3万人です。

 

いつから始めたっけ、と確認したところ。2019年9月6日からだったようで。

 

ちょこちょこお邪魔しているふくちゃんとまるっと同じでちょっとびっくりしました。(勝手にリンクごめんなさい。)

heugbaeg.hatenablog.com

とても優しい語り口で分かりやすく書かれているので、見ているこちらまで優しい気持ちになれます。

 

 

 

 

 

しかしおよそ半年で3万人。

 

最早何のジャンルなのか分からなくなったこのブログですが。見に来てくださる方には感謝の気持ちしかありません。ほんとうにありがとう。

 

 

でもわたしは強欲なので。

 

 

 

 

どうぞこれからもご贔屓に(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

ではタイトルの件。

 

 

昨日隣県さんと話していたことなのですが。

 

最近の若い人。10代から20代前半ぐらいにしときましょうか。

 

 

どうにも消極的というか。自己肯定感の低い人が多いように思うんですよね。それ故か、行動力もなかったり。

 

その原因何だと思う?という感じに話をしていまして。

 

つまるところ、ネットが原因じゃないか、と。

 

 

これに関してはちょっと思っていたことがありまして。

語弊があるかもしれませんが。いまの人ってかわいそうだと思うんです。

 

何でか、って言ったらね。

 

一言であらわすならば、頭でっかちなんです。

あ、若い人が悪いってんじゃないよ。もうね、環境がそうなの。

 

何をするにしても、ネットで知識だけは得られるから。

行動を起こしてみようと思っても。まずはネットで調べるでしょ?

もちろんいい情報だってあるけど。どうしても悪い意見を気にしちゃう。若いが故に。

 

わたしのように肩の力が抜けた、というより抜けすぎてだるんだるんな大人になっていれば。

自己の確立も出来てるし、例え悪い意見に迷ったとしても。結局はやりたいようにやる。そして失敗してわあわあ泣くこともある。

 

でもまだそういったことが不確立な若い人たちはやる前から、ああそうなんだ、と。

それをやってみることさえ出来なくなってしまうんです。

 

 

 

こいびとほしいな、どんな風にアプローチしたらいいんだろ、こんな感じはどうかな。

 

ネットで調べます。

 

そこで自分が取ろうとしていた方法があまり良くないことだと思い。(思い込んじゃう。) 

 

仮に別な方法が書いてあったとしても。それは自分にはハードルが高い。

 

 

そうして、自分なんか、と。

 

どんどん自分が、自分の価値が。自分の中で低くなっていくんです。

 

 

 

 

わたしいま34歳なんですけど。

 

小学校とか中学校のころ。いまの人たちみたいに一人一台スマホや携帯なんて持ってなくて。

すきな人を誘いたい!てなると、家電にかけるしかなくて。

 

だから親が出たらどうしよう、って。

同世代や上の世代の方だったらめっちゃわかってもらえると思うのですが。

 

大袈裟に言うと、メンタルが鍛えられる場面を経験することが出来たんです。

 

 

かたやいまの人。

個人で連絡出来るツールを大多数の人が持っていて。親が出るかも!なんてドキドキはないわけです。

 

うざい人がいればブロックすればいいし、アカウントを何個も持ってたり。

そういった逃げ道が、良くも悪くもたくさんあるんです。

 

でもいまの人たちには。それがハナから当たり前にあるもので。

だから当人たちを責めることなんてもちろん出来ない。

 

 

確かにね、ちゃんと「使う」ことが出来れば。とても便利なものなんです。

ただその良いとこ悪いとこの取捨選択が出来るようになるには。いかんせん経験が足りない。

 

その結果が頭でっかちで、行動出来ない。

何をしたわけでもないから、自分を認めてあげることなんて、出来ない。

 

 

もちろんわたしも。自分に自信たっぷり!なんてことはない。まーたしょーもないことを…なんて考えることもある。

でもそれが比じゃないいまの人たちを見ていると。大人としてすごく心苦しい。

 

 

何人か若人とやりとりしましたが。大体の人が、いい人。(deathネ族は許さん。)

 

いい人、って言うか。普通の人。

 

顔も年相応に普通に可愛いし、会話だって普通に出来る。

服だって普通に気を使ってるし、礼儀だって普通に弁えられる。

 

 

だから彼(女)らに足りないのは、経験することだ、と思うのです。

 

ちょっとぐらい失敗したっていーじゃん、て。大人になったわたしは簡単に言えるけど。

いまを生きる若者には、そう簡単じゃないよなあ。というのも分かるつもり。

 

そんな彼(女)らを何とかしてあげよう!なんてことも思ってないんだけどね。

 

 

 

大人には、ヤキモキしながら見守ること。

 

どうしても無理そうな時にちょっと口出すこと。必要とあらば胸だって貸す。(ただしわたしは女性にだけ。)

 

そんぐらいしか出来ないけど。

 

 

やっぱり、本人たちが頑張るしかないんだよねえ。

 

 

このブログをそんな年齢層の方が見ているかは分からないけど。わたしから言えることは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずやってみー!

 

 

つらつら書いたわりに結局これです。失敗したら、そん時考えりゃいいのよ。

リカバリーがきかんことなんて、しぬ以外そうそうないから。だからしなないようにだけ気をつけてね。

 

 

では、だるんだるんな大人(肉体も)は晩酌を始めたいと思います。

 

  

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓ 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村