33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

197 鼻毛の重要性。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

 

 

 

本日も早速タイトルの件。

 

突然ですが。 

みなさん鼻毛についてどんな印象をお持ちでしょうか。

 

 

ちょっと!笑わないで!こちとら至って大真面目!!

 

 

普段は見えないけど、陰ながらフィルターとして活躍してくれている、縁の下の力持ち?

 

かと思えば唐突に現れて、これはどうなの!?本人に言うべきなの!??なんて答えの出ない問いを投げかけてくる、厄介な隣人?

 

うんうん。どちらも正解(?)だよね。

 

 

その昔、何でその情報を得たのかも忘れましたが。

 

爆笑問題の、ボケの方。太田さんですっけ?

彼は鼻毛を全て処理している、なんてことを聞きまして。

 

ええ…全てて。剃って?抜いて?抜くの痛みやばそう。

 

なんて思っていたのですが。

 

 

ふと。

 

 

 

鼻毛なくなったらどんな感じなんやろ…??

 

 

湧き起こる好奇心。

 

 

ただ。

 

一本や二本じゃない。おそらく最低でも数十本はあるであろう、それ。(数十本でもすまないよね。)

一本だけでも相当な痛みを伴うのに、数十本なんて。そんなことに耐えられる勇気と忍耐力を、わたしは持ちあわせていない。

 

それに鼻毛に限った話ではありませんが。

 

毛を抜く、ということは。そこからバイ菌が入ることだってあるのです。

 

 

そんなリスクを、鼻に抱えたくはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てことで剃る、を選択。

 

 

生憎鼻毛を剃るのに適したカミソリなんて持っていないので。

 

こう、何て言うのかな?眉をちょいちょい整えたりする、直線タイプの安全カミソリを用意し。ていうかT字タイプのカミソリはそもそも鼻に入んないからね。実質消去法だよね。

 

 

鏡の前で、いままさにカミソリを鼻に突っ込まんとする自分を見て。

 

 

わたし…何をやってる…?

 

と冷静になりかけたのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかんせん好奇心の方が上回っているため。

 

 

そ、っとカミソリを鼻に突っ込み。

 

いくら安全カミソリとは言え、やり方を間違えちゃうと危険。細心の注意を払いながらカミソリを動かし。淡々と鼻毛を処理。

 

 

たぶんその時の顔は、人生で一番不細工だったと思います。

 

 

 

さすがに奥の方までは無理だったので。手で鼻を何とかかんとかしながら。見える範囲は処理完了。

 

片鼻ずつ、ふんーふんー!と空気を抜き。残っているかもしれない鼻毛を飛ばし。最後にティッシュで拭き上げ。もうよかろう、と。

 

いざ鼻で思い切り空気を吸い込んでみると。

 

 

 

おお!めっちゃ空気通る!鼻毛も結構な抵抗だったのね!

 

と思う存分スーハー。

 

 

していたのですが。

 

 

 

 

 

わー。ほんとすごい!スーーハーームズムズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶえっくしょい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやほんと空気の通りgひーーーーっくしょい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かえらいくしゃmえーーーーっくしょい!!!!

 

 

 

途端に出始めるくしゃみ。

 

 

 

まさか…これは弊害…?鼻毛を失くしたことによる、弊害…?

 

なんて思ったところであとのまつり。

 

 

ましてわたしのように、ほこりで鼻水が出るタイプの人間が、なぜこのようなことをしてしまったのか…。

 

と若干後悔はしたものの。

 

 

やっちまったもんはしかたなはーーーーっくしょん!!

 

 

 

ということで鼻毛はほんとに大事なものなので、みなさんには節度を守った処理をおすすめします。

 

 

ほいじゃあ、またね!(昔の話なので今はふさふさです☆)

 

↓よかったらぽちりんこ。↓ 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村