33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

256 続・お食事中の方は気をつけて話。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

 

 

 

あの、バナナあるじゃないですか。黄色くて。甘くて。大体一房いくら、で売られている感じの。

アレをですね、買っといたんです。朝ごはんに一本いや二本いいかな、って。

 

でバナナってそんなに長持ちしないじゃないですか。さすがに2,3日でダメになりはしませんが。

そういうバナナを買った時に限って。朝は別のものを食べたい気分だったりで。そうなると夜に食べることなんてなくて。

早い話、数日置きっ放しだったんですよね。

 

ただ今回のバナナは保ちがいいな、と。すこうし黒い斑点が浮かんではきたものの、まだ全然余裕。バナナの斑点にうるさいわたしでも、余裕。(熟したのより青いのがすき。)

 

先日いつものように飲んだハイボールの缶をすすいでね、何の気無しにバナナの横に置こうとしたんです。

したら汁がね、ありまして。薄茶色の。

 

あら、何かこぼしちゃってるわ。あららら、と。

置こうとした缶を別のところに置き、汁がついちゃってるかもしれないバナナを持ち上げたら。

 

 

 

 

 

 

 

 

張本人だったよね、バナナ。

 

 

おめえか、おめえから汁出てんのか、って。

 

もうね、裏側が真っ黒。表はそんなでもないのに。

 

いやね、人間でもそういう人、いる。

表面上はすごくいい人に見えても、腹ん中は真っ黒。とんでもねえやつ、みたいな人、いる。

 

そんなことをね、まさかバナナに教えてもらう日がくるなんて。わたし思いもしませんでした。

 

 

 

 

 

 

しかもね。

 

 

バナナを動かした瞬間。

 

おそらくそこにうまいこと留まっていたであろう臭い物質が舞い上がり。

 

 

 

 

 

 

くっっっっさ!!

 

 

ってね。

 

思わず上体反れたよね。グンッ、って。

 

幸いにも次の日が燃えるゴミの日だったので。

 

このバナナをせっせと育て、収穫してくれたフィリピン(フィリピン産か知らんけど)のバナナ農家さんに申し訳ない気持ちを抱きつつ。ゴミ箱にinしました。

 

 

 

 

 

 

 

ではタイトルの件。

 

と言っても臭い話の続きです。お食事中や前後の方はご注意を。

 

 

以前伊勢海老(のアラ)を何故かうんこに錬成してしまった話を書いたのですが。

それの別エピソードと言いますか。不本意なんだけどね、ほんと。わたしがそういう人に思われちゃうしね。

 

 

 

 

20代の頃。窓を開けて車に乗るような、そんな時期でしょうか。

 

なんか臭い…?

 

と思いまして。でもこの時点ではほんとに何となく思った程度で。そんな気にしてはいなかったんです。

 

次の日か、またその次の日か。車に乗ります。そして確信します。

 

 

 

 

 

 

 

くさい。

 

 

となるとまず頭に浮かぶのは、そう。

 

 

 

 

うんこ踏んだ?

 

です。

 

ならばと急いで靴の裏を確認します。

 

しかしそこにあるのはちょっと磨り減った靴底だけで、それ以外のものはありません。

 

両底をチェックし、車のブレーキやアクセルなんかも見ましたが、何もなし。

 

 

気のせいか…。と思いながらその日は車を降り。そしてまた別の日に車に乗ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうくさい。

 

 

加えて、もう絶対うんこでしょ。そんな臭いの種類まで分かるような臭いの強度。

 

これはイカン。考えたくもないけど、車のどこかにうんこ、もしくはそれに準ずるものがあるはずだ、と。

再度自分の靴底、アクセルその他を調べ。助手席も同じようにしたところ何もなし。

となると後部座席か…?臭い問題が発生した前、誰かを後ろに乗せたことなんてあったっけ?とは思いつつ確認します。

 

でもやっぱり何もなし。

 

しかし臭いは強くなりました。

 

 

絶対、絶対どこかにうんこが、と鼻息をあらくしながら捜索したのですが。後部座席にもなし。

 

何で、どうして、と少しパニックになりかけたところで。ふ、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

トランクが目に入ります。

 

 

車内からもトランクが確認出来るタイプの車だったのですが。心を落ち着かせるため、一旦車外に出て。

 

ふう、と空を仰ぎ、トランクに手をかけます。

 

 

 

ガコッと開けた視線の先にある、コンビニの袋。

 

 

 

犯人は、絶対こいつ。コナン君じゃなくたって分かる。

 

 

 

だって、とんでもなくくさい。

 

 

 

落ち着け、まずは虫の有無の確認だ、と。おそるおそる袋をわしゃわしゃさせ。どうやら蠢くものはなし。

 

 

いざ、と袋を開いてみると。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どろどろになったうんこ。

 

 

もとい、おにぎりが。

 

 

臭いもさることながら、見た目が、見た目がぎゃああああ!!

 

と一人パニック映画をかましつつも。

 

 

だって、わたしの車だよ。免許を取って初めて乗った、言うなれば愛車。思い入れだってある。

 

そんな車が、わたしのせいでここ数日うんこを乗せてたわけで。ごめんね、一番不本意だったのは車、きみだよね。

 

じゃあそれを片付けるのに、わたし以外の人がいるだろうか。

 

と袋に手を伸ばし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光速で口を縛って目の前にあったコンビニのゴミ箱に叩き込みました。ほんとごめん。まじで。 

 

 

これから暑さが加速していく時期、みなさんも食品管理にはお気をつけて…。

 

 

  

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村