33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

310 お金目当てってわるいこと?

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

 

本日のデザートは自分で買ってきた桃です(*´-`*)選びに選んだおかげか、大当たりです(*´-`*)

こんな風に気合を入れて選んだ時に限って中が腐ってるものに当たったりするのですが。仕事を頑張ったご褒美でしょうかねえ。

 

まるで香料でも使ってんのか、と言いたくなるような桃の香り。

口に入れるとじゅわあ、と溢れてくる果汁。ほんのちょっとの酸味と、それを上回る甘味。

 

絶品です…。和歌山の農家さんありがとう…(*´-`*)写真を撮る間もなく食い尽くした。

 

 

 

 

 

 

ではタイトルの件。

 

いまの世の中、何をするにもお金が必要ですよね。

 

わたしもお金を得るため労働力を提供し。そんで外食なんかして、対価としてお金を払う。そこでお金を得た人がまたどこかで…ってうまいこと出来てるよね。

 

人によっては驚くほどお金を持ってたり持ってなかったり。頑張って裕福になった人、昔は裕福だった人。色んな人がいるけど。

 

男女の付き合いや結婚に発展しそうになった時、いますよね。

 

 

 

 

俺の金が目当てか!

 

 

なんていう方。

 

 

 

 

 

 

そりゃそうでしょ。

 

 

だってそれってうんと昔で言うなら、もりもりマンモスの肉を獲ってきてくれる、そういうことでしょ?そんなんもう、男としての魅力がっつんがっつんじゃん。

 

ウチの人、マンモスの肉は獲って来れないけど。でも、あの人には優しさがあるから…

 

なんて言うその時代の女性がいたら。

 

 

 

 

目ェ覚ませ!!

 

つってビンタしてやりたい。もう時空を飛び越えて。へぇー…ここがすごい昔の日本かー…なんてアホみたいな感想を言う前に、それよりもまずビンタ。

 

いや優しさも大事だけどね、それは絶対に一番じゃない。

優しさで腹が膨れるなら一番でいいと思うけど。あいにくわたしたちの体は優しさで腹が膨れるようには出来てない。肉を、マンモスを食わなきゃやってけないんだよ。

 

 

 

 

 

そして時は経ち、現代。

 

マンモスはいなくなったけど、基本的な役割はそのまま。

 

狩りが仕事に置き換わったり、仕組みはちょっとややこしくなったけど。男女の役割は大体そのまま。

しかしよくよく考えたらすごいよね、その頃からこの形って。そろそろ男性の体も出産に向けて変化しないのかな。

 

 

そうやって仕事(=狩り)をこなして。いまの世界では万能ともいえるお金を得て。

んで女性がキャーって群がってきて。金が目当てか!

 

 

…マンモスの肉に群がる女性に、

 

 

 

 

マンモスの肉が目当てか!

 

 

なんて言わないでしょ…?いや当たり前じゃん…?って。

 

 

女はどうしても動けない時がある。そしていくら医療が進歩しようとも、出産は命がけ。

そんな時に現代社会では万能ともいえるお金をたくさん保有しているというのは、やっぱりオスとしては魅力的でしかない。

 

 

わたしもお金持ちの人、すきです。

 

それにはもちろん、上記の理由もあるけど。

 

いまやほぼ義務教育と言っても過言ではない大学。もう出てるのが当たり前ぐらいの感じだよね。

 

でも入学、卒業って言ったって。それらを叶えるためにはほんとにほんとにたくさんのことをやらなきゃいけない。

本人の努力はもちろんのこと、親御さんだって(主に)お金の工面とか、頑張らなきゃいけないことがある。

だから一口に〇〇大学を卒業した、と言っても。この人はその諸々を叶えるための努力が出来る人なんだ、そんな風に思います。(親御さんもね)

 

別に大学出てなくたって、人より稼ごうと思ったら人より我慢しなきゃいけないことがほとんど。

飲みたくもないお酒を飲んで、上げたくもない口角を上げて。

薄ら寒い話に、愛想笑いってバレないような笑顔を演出しなきゃいけない。

 

そうやって人よりも多くマンモスの肉を得ることが出来る。その能力は、やっぱりすごいこと。

 

よくお金目当てなんてウンヌンカンヌンって言うけど。

 

じゃあね。お互い普通の、一般的な家族になりたいと思っている、ある男女が出会ったとして。

 

二人でね、

 

結婚して1,2年ぐらいはゆっくりしていたいね。子供はその後にでもさ。

いまはここでもいいけど、子供が出来たらあのあたりに住みたいね、なんて。未来のことを話します。

そんな時に。

 

 

 

 

 

わたしに子供を産ませることが目当てなの!?

 

 

 

なんて言われたらびっくりしない??

 

 

えぇ…いやそれを当たり前とは思ってないけど…。でも…えぇ…?

 

って。

 

 

 

お互いがお互いの役割を当たり前、なんて思うと殺伐としちゃうよね。

 

 

普段もそうだし、わたしが動けない間。一人で仕事頑張ってくれてありがとう。少しの間大変だけど、落ち着いたらまた一緒に頑張ろう。

 

出産はどうしても女性にしか出来ないことだけど。それでも命がけで産んでくれてありがとう。だから稼ぐことは任せろ!

 

そんな風に思い合える人と出会えたら、豊かな人生ってのに近付けるのではないでしょうか。

 

 

だからやっぱり、わたしはお金目当て、もしくはお金重視なことがそんなに悪いことだとは思えない。

 

 

 

 

 

 

ただただお金がすきって人は厄介だと思うけど。

 

 

そんな人にはね、一言。

 

 

 

 

 

 

自分で稼げ。

 

 

そう言いたいです。

 

 

わたし常々思っています。

 

奥さんが専業主婦、子供なし。

 

まあ正直。

 

 

 

 

 

楽勝だよね。

 

 

でももし奥さんがしんどい、って。少し家事をやってほしいって言うなら。旦那さんもやればいいじゃん?って思う。

確かにメインで働いて家計を支えてはいるけど、だから家事をやっちゃいけないなんて法律はない。

 

 

ただそれは。奥さんにも言えること。

 

いまは旦那さんの稼ぎメインで、奥さんは家のこと頑張ってるかもしれない。

 

 

 

 

でもだからって働いちゃいけない法律もない。

 

 

どっちかだけに言えること、どっちかだけが頑張らなきゃいけない、そんなことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてことを結婚のけの字もない女が申し上げております。

 

 

 

いいよねえ…結婚…。

 

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村