33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

426 一つずれる。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

 

そういえば先日おっちゃんの厚意によりドラレコをつけたのですが。2日ほど経った頃、何かおかしいなと。

こう、録画中って画面上に赤丸が点滅してまして。それでいま録画してるかどうかってのが分かるのですが。運転を始めてから数秒するとその点滅が消えまして。

え?もうSDカード一杯になった?そんな容量小さいカードある?とカードをフォーマット。しかし相変わらず数秒で点滅が消える。

再びフォーマット、数秒で消える、を2,3回繰り返し。じゃあ動画を1個ずつ消してみようと。地道にぽちぽちしていたのですが。

 

 

 

 

 

いま消した動画があるんだけど。

 

というわけの分からない事態になり。うーむさすが格安。格安にもいいものはあるけど、ハズレに当たったかな?と数日放置。

 

そしてまた操作していたのですが相変わらず。まあドラレコついてるってだけで煽り運転への牽制にはなるわな………

 

 

 

あ!

 

 

 

 

 

SDカード変えてみよう!

 

 

と近所のお店にて元々ついていたカードの倍の容量のカードをゲット。差し替えて、と…

 

 

 

 

 

 

無事復活。

 

 

カードが悪かったみたいですね。カメラ本体だとまた取り外しだの作業を頼まなきゃいけないのでよかったです。ドラレコ不具合のご参考までに。

 

 

 

 

 

 

ではタイトルの件。

 

隣県さんぐらいの歳の頃や、ましてそれより若いと言うか幼い頃は考えもしなかった、死というもの。

考えもしなかったことはないかもしれないけど、いまみたいに具体的と言うか、そこまで身近に感じるものではなかったと思うんです。ただ漠然とした、こわいもの、みたいな。

 

それは歳を重ねて、ということは周りの人も同じようにそうで。もちろん、自分の親もそうで。生きていく中で、死というものが少しずつリアルになってきて。

 

子供の頃はじーちゃんばーちゃんが、何ならひいばーちゃんもいた。その次におとうさんおかあさんがいて、そして自分たち。

そりゃ突発的なことは分かんないけど、順当にいくのなら自分にその順番がまわってくるのは次の次の次。身近に感じなくても無理はないでしょう。

そうして子供時代を過ごし、どこかのタイミングでじーちゃんばーちゃんとお別れして。でもまだまだ親は若い。自分だってピチピチ。

 

でもそれはいずれ終わる。ピチピチはいずれ終わる。順番が一つずれたのを感じるわけです。

 

次の次の次だったのが、次の次になった。

 

一つ変わっただけなのに、何だかグッと近付いた感じがする。加えて親も歳をとって、見た目にその変化も現れるわけです。

 

いまはまだおばちゃんという具合だけど、もういずれ、おばあちゃんになる。というか孫もいるし、立派なおばあちゃんと言えばおばあちゃんなんだけど。

こうしてる間にも次の次の時間は消費して。いずれ次、になる。やっぱり人生ってあっという間なんだと思う。

 

 

そう考えると…

 

 

 

 

 

 

のんびりしてる暇なんかねえ!

 

 

いやー、そう言っても親もまだ元気だし。やりたいことやる時間はあるよ、と思うかもしれません。

でももし、親に介護が必要になったら?親が動けなくなったら自分が動くしかない。そうなるとやりたいことなんて、出来なくなるかもしれない。

 

いま出来るからまだこの先も大丈夫、なんてあぐらかいてちゃだめだ。それどころか、自分の人生だっていつ終わるか分かんない。

 

これはもう…

 

 

 

 

 

 

燃やして燃やして燃やし尽くすしかない…!わたしという、命を…!!

 

 

 

昨日に引き続き熱い感じになりました。

 

でもほんと、やりたいことはやれるうちにやっとこうね!

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村