33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

455 大島のリアクションはガチだった。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

 

イカ釣れなかった…(´・_・`)

 

1度それらしいアタリがあったのですが、イカ釣りってこう、普通の釣りとは少し違うんですよね。

普通の釣りはお魚さんが擬似餌をパクリ、そしてビビビ!と竿に反応がありリールをクルクルするなり引き上げるなりするのですが。

 

イカさんの場合はまず針からして違う。

 

 

はいこちら。

f:id:atamagaokashikunatta:20201205205349j:image

絶対攻撃力高いやん。

 

何この禍々しい針。敵にすごいダメージ与えそうだけど同時に使った人にも何かしら制約与えてきそう。

 

とそんな呪いの針を使うのですが。

 

こちらはお魚さんのようにパクリとするわけではなく。

イカさんが餌を抱きかかえた際、釣り人はその振動を感じとって針をイカに引っかけるようにするのだと。あ、イカがきたなと。

 

だからちょっと難易度高いと言うか釣れなくても仕方ないんだよって言うかなんt

 

 

 

 

 

ではタイトルの件。

そんな感じでイカはゲットならず、だったのですが。幸いにも鯵が好調でして。

加えて季節が進んだことにより鯵の成長も進んでいまして。

こう考えるとわたしたちが撒いてきた餌も無駄じゃなかったなって。鯵すら不調で泣いた日も必要なことなんだなって。そう思えると言いますか。

 

いつものサイズなら唐揚げにするところですが、それよりも少し大きいと刺身としてもイケるんじゃないかと。売り物に比べたらまだ全然小さいですけどね。

何より釣りで得られた魚ならいつかは刺身にしてみたいと思っていましたので。

 

しかし気になるのは食中毒や寄生虫の問題。

以前スーパーで柵の刺身を買って切った際にょろ、っと寄生虫が出てきたトラウマがフラッシュバックします。

スーパーの刺身だって寄生虫がいることもあるのに、何の知識もない素人が釣って捌いたものって大丈夫なのかと。

ということでサクッと調べたところ。

 

鯵に考えられる寄生虫としてはウオノエとアニサキス

アニサキスは有名ですよね。糸みたいににょろにょろしたやつ。わたしがスーパーで買ったものにいたのもおそらくこいつですね。

ウオノエは鯛にいることが多いので別名タイノエなんて呼ばれ方もしているようなのですが。

うん…見た目はアレなので画像は貼りません。気になる方は自己責任で検索をお願いします…。まじダンゴムシかエイリアンやん…。

 

ウオノエは魚の口の中やエラに潜むとのことで、どちらも食べずに落とす部分なのでこちらは大丈夫そう。

加えて見た目のアレ具合とは違い食べても害はないとのこと。絶対食べたくない見た目ですけどね…。

 

 

となると問題はヤツです。

 

 

 

 

アニーです。

 

アニーは食べたら最後、胃や腸壁に侵入し暴れ回り、時に立つのも困難なほど痛みを伴うことも。

にょろにょろ動く見た目の気持ち悪さに加え実害の出るものとあれば口に入れるわけにはいきません。一体どういう処理をしたらいいのっと。

 

このアニー、普段は内臓の中に潜んでいるのですが。鯵が死んで少しすると筋肉、身の方に移動するとのこと。

なので対策としてはとにかく早い段階での内臓の除去

 

という寄生虫に関しての記事を読み。まあ、わたしたちも帰ってからすぐ内臓は取るし。問題はないだろうと判断。

 

大きめの鯵を選び、まずは刺身用のやつからやっちゃうかといつもの如く外水道で捌いていたのですが。

ふと後ろを見るとわたしが勝手に近所のボス猫認定している茶トラのみーちゃん(仮)が車の下からこちらを見ています。

 

あ、念のため言っておきますといつもの釣り場にいるみーちゃん(仮)とは違う子です。

わたしは猫さんを見ると反射的にみーちゃんと呼んでしまうのです。

 

 

おお、いつの間に。今日は刺身にするからちょっと食べる?

など声をかけ作業を続けます。

そうしてまた少しして後ろを振り向くと。車の下から出てこちらに近付いています。

 

 

 

メリーさんかよ。

 

と思いながらも、そうかそうか、魚が楽しみかと手を動かします。

皮を包丁で剥ごうとして剥げなくて、手で剥いだらあっさり剥げて拍子抜けしたりしながら何とか刺身を作っていたのですが。

この寒空の下あんまりみーちゃん(仮)を待たせるのはかわいそうだなと先にあげることにします。

 

みーちゃん(仮)が逃げない距離にてはい、と刺身を落としたところ、すぐさまはぐはぐ

美味しいかそうかそうか。新鮮だもんねえ(*´v`*)

と嬉しくなりながらちっちゃい刺身を2,3回あげ。

さて、そろそろわたしも一つ食べてみるかなと。醤油をちょ、と垂らし指でつまんだ鯵を口に入れると。

 

 

 

あの、イッテQで森三中の大島(ここは愛を込めて呼び捨て)が、罰ゲームでゲテモノ食べるって時に。

最初はやだやだ言ってていざ口に入れて咀嚼したらピキーン!て効果音と共にえ、うまい…。みたいになることあるじゃないですか。

 

もうね、まさしくそれ

 

わたしもびっくりしました。あんなリアクション、自分がするとは。

鯵を口に入れて一口噛んだ瞬間広がる甘味。そして心地よい弾力。

 

 

 

え、うっま。

 

の言葉のあとに何故かわらいが出ました。ちょ、え、うまいんだけどwwwって。

予想を遥かに越えた美味しさに脳がついていかなかったんだと思います。

 

興奮したままおかあさんにちょちょ、ちょっと、めっちゃ美味しいんだけど。食べて食べて!と勧め。おかあさんも同じように鯵を口に入れます。

 

 

パクリ。

 

 

 

もぐもgピキーン!

 

 

 

 

えっうまい。

 

 

ここにも大島がいます。目も見開いて、まんま大島です。

 

それから2人して鯵をつまみ、大した量ではなかったのであっという間になくなってしまいました。

あ、おとうさんは食中毒なんかのことを考え食べないとのことです。繊細ですねえ。

 

しかしあんなに美味しいとは…そりゃみーちゃん(仮)も食いつくはずです。

もっとくれ、と言わんばかりにいつもは絶対来ないようなところまで来ましたからね。

 

いまのところお腹が痛い、などということは全くないので。

 

これからもいいサイズの鯵が釣れた際には刺身を選択したいと思います(*´v`*)

こう言っちゃなんだけど、スーパーの刺身を上回ってました。わたしの住む地域は魚が美味しいところなのですがそれでも、です。

 

みなさんも釣りに、そしてそれをお刺身に、なんて休日はいかがでしょうか(*´v`*)

 

あ、ちゃんと寄生虫のことも調べてね。

 

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村