33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

485 愛してやる。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

そういえば昨日のお昼、隣県さんとスシローに行ったのですが。

このご時世ですからね、席は1つずつ仕切られているわけです。それぞれタッチパネルですきなものをすきなように頼み。ピンポーンご注文の品が、っつって。あ、来た来たー、っつって。仕切り板越しにうまいねー、と堪能していたのですが。

 

食べ始めてすぐの頃、左側の隣県さんから

 

あまっ。

 

という声が聞こえてきます。

 

隣県さん、甘ダレ使うようなネタ食べるっけ…?気まぐれで甘ダレつけてみたのかな?まあいいや。

 

と深く考えずお寿司を食べ進めていたのですが。

 

その少し後、隣県さんが話しかけてきます。

 

 

隣県さん「なあなあ、しょうゆどれ使った?」

 

33女「ん?しょうゆどれって種類あったっけ?」

 

隣県さん「え、なんかさ、これめっちゃ甘くない?」

 

と確認するとそれは甘ダレで。

 

 

33女「隣ちゃん…それは甘ダレやで…。しょうゆと違うぞ…。」

 

隣県さん「え?そうなん?」

 

33女「スシローにしょうゆの種類はなかったと思うよ…ていうか甘ダレて書いてるやん…。」

 

隣県さん「あーね。何か甘いと思ったんだよねー♡」

 

33女「………。」

 

 

 

 

て一瞬脱力したけどやっぱり可愛い♡

 

彼女は天然なのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

ではタイトルの件。(本日は惚気スタート。)

 

一昨日かな?寝過ぎて背中が痛いということを書きましたが。

 

 

 

 

 

これ違う。

 

筋を痛めたのか何なのか分かりませんが、動かすと痛い…。右腕から筋肉が繋がった肩甲骨、そのあたりがねえ…。

 

なので昨日は

 

 

 

 

うぎぎぎぎ…!!

 

とうめき声をあげながら上着を羽織り。

 

 

あっ!とかうっ!とか。

 

何かにつけてそんな声をあげ、隣県さんにわらわれていたのですが。

 

2時間半の下道ドライブを終え帰宅し、お風呂に入るため服を脱ぐのにも一苦労。

いやもう五十肩かて…なんて思いながらやっとのことでそれをこなし。

 

ふう、とお風呂場の椅子に腰掛け。

 

まあ、そりゃそうだよな。今回はたまたま寝違えたか何かで単純に痛めただけかもしれない。でも35歳にもなりゃ腰も痛めるし、それ以外に何かあったっておかしくない。

部品交換もせずにここまでやってきたんだ。どっかしらすり減るぐらいはしてるよな、と。

35年やってきた体に思いを馳せていたのですが。

 

そうやってどっか痛い、なんてことになれば年だなあ…とか。このポンコツがあ!と思うこともある。

でも、わたしの体。わたしはわたし以外に替えがない。だったらそんな痛みも含めて、わたしはわたしを愛してやる。

出てきたお腹も、うっすらあるシワも。全部わたし。

痛む腰も、水分が保持出来なくなってきた肌も。35年生きてきた、わたし。

わたしが愛してやんなくて、じゃあ誰が愛してくれる?

 

 

隣県さんを見ていると、自分がその年齢だった頃のことを思い出します。

特別な手入れなんてしなくたってピチピチの肌。シャワーを弾くなんて言われるけど、ほんとにそうだったなあ。

髪だってサラサラで、ダイエットしなくても体重が維持出来て。月並みだけど、キラキラ輝いてたと思う。若いってそういうことなんだと思う。

でも、わたしはいまのわたしがすき。

ぷに、っとしたお腹が、ちょっと可愛くもある。目元に出てきたシワに、お前よくここまでやってきたな、って。それなりに生きてきたじゃん、って。そう思う。

 

これからもっと歳をとって。もっと不自由になっていくけど。

 

おいわたし!

 

 

 

 

愛してやるぞ!

 

いつかもっと体にガタがきて、1人寂しく生きていたとしても。猫ちゃんからツン、とされたとしても。

 

 

 

わたしはわたしを愛してやるぞ!

 

人を大事に出来るのは素敵なことだけど、自分を大事に出来るのも素敵なこと。だからわたしは自分だって…!

 

と。

真っ裸にて頭をシャカシャカしながら考えておりました。(シャンプー)

 

もちろんわたしの隣に誰かがいてくれるのならば、その人のこともね♡

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村