33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

488 約ネバ見ると、でも自分たちだって食べるよなあ、って考えちゃうよね。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

寒い…寒過ぎる…。ほんで雪も降りましたねえ…。

でもこんなに寒いのって風の力によるところが大きいですよね。風がやめばあれ?意外と耐えられそうかも?って。寒いのに変わりはありませんが。

 

そんなわたしは本日もいつも通り仕事をしていたのですが、上司からの声かけにより珍しく17時にピシャッと仕事を終えました。あんま片付いてないけど。

職場のある場所よりわたしの住む家のある場所の方が寒いので、おそらく雪もより降ってんだろうな、と心配してくれたんですね。

 

そして帰宅のためいつもの道を通っていたのですが。

まあね、大通りはね、車もバンバン通るから。雪も積もってないし、明日の朝も大丈夫だろって感じでね。

問題は家の付近。今日帰ってきた時点ですでに凍ってる?大丈夫?みたいな場所があり。

となると一晩経つとよりやべえことになるのは明らか。

明日わたしは無事出勤出来るのか!?乞うご期待!といったところですね。

 

 

まあやばかったら朝電話しまーす、って言っときましたけどね。帰る時上司にね。

 

フランクな職場です。

 

 

 

そして帰宅から数時間経ったいま。

 

 

 

 

部屋があったまらん。

 

どういうことよこれ。久しぶりに石油ファンヒーターまで起動したのに。エアコンは乾燥するからあんまり使いたくないんですよねえ…。

 

 

さて、隣県さんから約ネバの2期(アニメ)が始まったと教えてもらいましたので、わたしも見るとしましょうかねえ。アマプラでやってるってことなんで。

 

あ、約ネバって何ぞ?という方にざっと説明いたしますと。

 

こちら約束のネバーランドという元はジャンプで連載されていた作品でして。実写映画公開されたっけ?まだだっけ?

と実写化されるほどの人気を誇ります。

 

ストーリーがですね…

とある孤児院にて暮らす数十人の子供たち。

中でも年長組であるエマ、レイ、ノーマンの3人は孤児院始まって以来の頭脳と言われ、テストでは揃っていつも満点。

ママと呼ばれる優しいシスター、たくさんのきょうだい達。みんなで仲良く毎日を楽しく暮らしていました。

 

そんなある日。

 

年下のコニーに里親が見つかり、孤児院をあとにする彼女に別れを告げます。

 

感傷に浸ったのも束の間、彼女がとても大事にしていたぬいぐるみが置きっぱなし。

夜の外出、加えていまコニーがいるであろう門に近付くことは禁止されているのですが、エマとノーマンの2人でぬいぐるみを届けることにします。

しかしコニーとママの姿が見当たりません。どこだろう、と探しているとトラックが停まっていたため、荷台を覗くと…。

 

そこにはついさっき別れを告げたコニーの変わり果てた姿が…。

 

とその時話し声が。咄嗟にトラックの下に隠れた2人は驚きの事実を知ります。

自分たちが毎日楽しく、しあわせに暮らしていた孤児院。ここはただの孤児院ではなく、食用児を育て出荷するための施設だということ。

そして外の世界には自分たちを食べる「鬼」の存在があること…。

 

 

と、ここから物語が始まっていくのですが。

エマたちは無事脱出出来るのか?脱出出来たとしても「鬼」の世界である外で「人間」が生きていく術はあるのか?

などなど。見ていてハラハラしますが、絵柄も綺麗でストーリーに変なところもないしで面白いです。

みなさんもお時間のある時にいかがでしょうか。

 

 

ではわたしは約ネバの世界へ。

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村