33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

497 千差万別。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

 

干し芋うめえ(*´〜`*)

 

このねっちりとももっちりとも言えるような食感、そんなのがすきな身としてはたまりません。

ちなみにスティックタイプのものです。でも平べったいのもすきです。

ほんとは釣りの時のおやつにしようかと思っていたのですがすっかり忘れていました。

まあ食後の、ちょっと甘いもの欲しい…みたいなのを埋めてくれたのでよしとしましょう。

 

 

 

 

ではタイトルの件。

昨日は仕事終わりから夜通しの釣りへと出かけていました。

今回何が楽しみって、先日買った防寒着を試せるということ。

帰宅してからは仕事着をばばばっ!と脱ぎ散らかし、釣りのための服に着替えます。車の中じゃまだ暑いだろうなということで、上着のみ羽織り下は袋に詰め詰め。

コンビニでご飯などを買い込み、向かうはおかあさんと隣県さんと行った例の釣り場。

 

…ではなく、そこから5分10分ほど離れたお隣?のような釣り場です。

車も数台停まっており、お、これは期待出来るんじゃ?とソワァ、とします。

 

車から出る前に防寒着の下を履き、裾は長靴にイン。100均で買った300円商品の目出し帽をかぶり、寒さどんとこい、と思いながら外へと出ます。

まあわたしはね、いつもの生き餌調達係なのでサビキの準備をし、満潮まであと少しという頃合い海に糸を垂らします。

 

 

f:id:atamagaokashikunatta:20210116225113j:image

向こうの方に停まっているでっかい船に続々とトラックが乗り込んでいくのを見ながら、明日はどこに行くんだろうねえ…と思いを馳せます。

 

 

しかしまあ。

 

 

 

 

 

全然こねえな。

 

試しに餌をぱっぱと撒き、ライトで海中を照らします。すると餌が全く動かずそのまま沈んでいきます。

満潮まではあと少しの頃合いだけど、誤差の範囲内かな?所謂潮止まりってやつかな?などと話します。

 

この潮止まりってのは、文字通り潮の流れが止まること。

海って干潮満潮を繰り返しているわけですが、例えば干潮から満潮に向かう場合。

下がっていた潮位が6時間ほどかけ上がっていくのですが、いざ満潮になった時にそこで潮の動きが止まるのです。満潮から干潮の時も同じね。

で潮止まりになると魚の活性が下がると言われていまして、その時間帯は中々釣果に結びつかないのです。

潮止まりがどれぐらい続くかってのは日本海側と太平洋側で違ったり、大潮小潮なんかでも違ったりするので正確に何時間、というのは分からないのです。

それこそ現場を見て判断すると言うかね…( *´_ゝ`*)フッ←超絶ビギナー

 

 

うーんどうする?移動する?(隣県さんと行った方に)

周り見ても釣れてる感じせんよね?でもまだ来たばっかやしなあ。

 

などと話していたのですが、それから20分ほど粘ってだめだったのでサクッと移動することに🚗💨そうやってごちゃごちゃしてたら時間も経って潮も動き出すかもね、と。

 

そしてやって来たのは去年図らずもおかあさんと隣県さんが初対面、からの一緒に釣りをすることになった釣り場。

隣県さんが鯖を釣った場所です。わたしたちも釣れたことないのに…。

じゃあもう絶対釣ってやると意気込みながら準備を終え、海中へぽちょん。

先ほどの場所では反応すらなかったのですが、ここでは糸へのツンツンが感じられ、お、おるやんけ、とおかあさんと話しながらその時を待ちます。

 

すると。

 

 

 

びびびびび。

 

おお、これは鯵だ!この感触、びびびっ、と動く感じは鯵だ!とリールくるくる。そうして引き上げるとやっぱり鯵(*´v`*)

 

いつもの鯵でも何でも、釣れりゃ楽しいよねー♪とヒットなしのおかあさんを煽ります。

 

それからもグヌヌ…と悔しそうなおかあさんを尻目にわたしがヒットを続けていたのですが。

 

ある時。

 

わたしの竿がぐいん!としなります。

 

あれ?この動きは鯵…ではない…?何か違う…でも何かがかかったのは間違いない。おそるおそるリールを巻きます。

すると途中手応えがなくなり、バレた?(針外れた)と焦ったのですが。再びぐいーん。

 

あら?かかってる…よな…?とぐいーん→手応えなくなるを繰り返しながら糸を巻いているとようやく銀の魚体が見えてきます。

さて何じゃ何じゃと糸を手繰り寄せると。

 

 

 

 

鯖キタ!!

 

サイズ的にも隣県さんが釣ったのと遜色ないんじゃない?やったー初鯖、ゲットだぜ!と針を外しにかかるのですが。

鯖も成長したのか、厚みがあります。そのためいつも使っている魚挟みでは挟みにくいこと挟みにくいこと…。

それでも何とかかんとか鯖を捕まえバケツへイン。ウキウキな気分で釣りを続けます。

 

それからようやくおかあさんも鯵を釣り上げ、おとうさんが生き餌に使う分も確保出来、それぞれが黙々と釣りに徹していた時。

 

おかあさんにヒットが。

 

 

母「何か、何か違う!あ!逃げられた!?いやおるわ!!何かおる何かおる!!」

 

父「なにー?何かかかったの?」

 

33「めっちゃしなってるやん!とりあえず落ち着いて!バラさんでよ!」

 

母「えーちょっと待って!あー何これ!?」リールクルクル

 

と様子を見ていると、銀の魚体が海面をばちゃん!と跳ねます。

 

何あれ…?ていうかでかくない…?とようやく引き上げられたソイツを見ると。

 

 

 

f:id:atamagaokashikunatta:20210116233346j:image

でっかい鯖(*´v`*)模様が綺麗ですねえ。

ちなみにいま調べたところによると、ティッシュ箱って横の長さは大体24㎝とのことなので、こちらの鯖は30㎝ほどあるということになります。サビキで釣れる鯖としては十分過ぎるほどです。

 

そしてこの鯖は魚挟みでは挟めません。厚みだってすごい。ということでバタバタとゴム手袋を取り出し針を外し、もうこれはバケツには入んねえよ…とおかあさんが締めの作業に。YouTubeで見たという脳天締めを施します。

 

それからは一気に天狗になったおかあさんと醜い罵り合いを展開しながら、でもこれより大きい鯖を釣り上げる自信はない、とわたしは負けを認めました。

 

今回初めて鯖を釣ってより思ったことがあるのですが。魚によって全然引きが違うなと。

鯵はほんとびびび!って感じで分かりやすい。慣れてるってのもありますが。

鯖はぐいーん!からの手応え弱→再びぐいーん!と。

ゴンズイやフグはそよそよ、っとした手応えです。ん?何かかかってる?ぐらいの。

 

人間も人それぞれ違って面白いですが、魚のこんな違いも面白いもんです。

 

そして朝マズメ(早朝の釣れやすい時間)に向けて仮眠するか、と車内で寝ていたのですが。

 

 

 

 

 

起きたら家に着く直前。

 

いや、あの。違うの。防寒着がね、優秀すぎて。

だってさ、エンジン切って、その上わたし靴下まで脱いでたの。なのに6時間ぐらいスヤスヤ寝ちゃって。何故なら防寒着が優秀で暖かったから。もうね、すげえ寝れた。久しぶりにこんな寝たってぐらい寝た。

しかし聞くところによると、朝マズメ全然だめだったのことなので、まあいいかなと…。

 

そして帰ってからはおかあさんと捌く分をシェアし、チャミーへ先日のお礼ということでちゃんと刺身にした鯵を献上いたしました。

 

 

 

堤防から釣れる魚って種類も限られてくるけど、わたしが釣ったのはまだまだそれに及ばない。

いずれ船に乗りたいね、なんて話も出ていますし、楽しみが尽きません(*´v`*)

 

 

 

ほいじゃあ、またね!(ちなみにおとうさんは釣果ゼロです。おとうさんを煽るのは可哀想なので煽りません。)

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村

f:id:atamagaokashikunatta:20210117000011j:image

鯖´sとマックスサイズの鯵。