33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

534 ペット保険、入ってる?

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

本日も座椅子でぐうぐう寝ていまして。

朝方、ほっぺに何かもふもふしたものがあたっていることに気付き、ちらりと目を開け確認するとそれはやっぱりシマシマで。

やだもうわたしが寝てる時こんな風にそばにいるのね♡

なんて思い再び眠りに落ちようとしたのですが、何やらシマシマはもぞもぞ。どうやら毛づくろいをしている様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ!わたしの顔背もたれにしてやがんな(;`Д´)

 

こう、背中のとこを毛づくろいするためには体をく、っと曲げなきゃいけなくて。そうなると背もたれ的な何かがないと足だか手だかがずれちゃって毛づくろいしにくくて。

くそう可愛いやつ…♡と思ったらそういうことか…。最近とうとう避けもせず踏まれるようにもなりましたからね…。まったくもう誰がかいぬs

 

 

 

 

ではタイトルの件。

今や人間の生活とは切っても切り離せなくなったペットという存在。メジャーどころで言えば犬さんや猫さんですが。

神を信じないわたしでもね、さすがに猫さんのデザインはすごいな、って。こんな愛される見た目を、いやそれだけじゃなく性格だって可愛い。そんな存在を創り出すなんて神も中々やるじゃん、と神アゲはこのあたりにしまして。

 

そうやって生活していく中で当然ペット達も病気になったり思わぬ怪我に見舞われたりもするわけで。そのため昨今ではペット保険に加入してる、なんて方も増えてきましたよね。

 

猫さんと言えばかなりの割合で腎臓を痛めてしまう生き物で。それにかかる治療費は中々に厳しいもの。その点はわたしも鯖子さんで重々分かっているつもりです。

ということでもしもの時のため、ペット保険に加入しようと思いまして。

てなったらポチポチっとね、ネット見るよね。どんな補償内容なのか、保険料はどのぐらいなのか、どういった病気・怪我は補償されないのか、口コミはどうだ。まーぁそれなりに見まして。

 

大まかに分けると、

①通院入院手術1回につき上限金額・日数制限があるもの

②通院入院手術1回の上限金額・日数制限はなく、とにかく最大金額までの保証。それを超えた分の保障はなしというもの

 

とどちらかパターンがほとんどで。

会社によっては免責金額が設定されているものもある。免責金額ってのは、この金額まではそちら(加入者)で負担してね、ってもの。

仮に免責金額10,000円で治療費が10,000円だったとしたら、免責金額を超えてないから保険金請求は出来ないと。

免責金額について各社設定に違いはあるのですが、わたしはそもそも免責金額ナシのところしか狙ってないので今回での説明はここらにしておきます。

 

そして気になる補償割合ですが。

これはね、70%のとこが多いです。中には80%90%、100%のものもありますが、補償の内容的には70%のとこがバランスいいかなと。

 

となるとあとはどちらのパターンにしようかと考えていまして。わたし(シマシマ)にはどちらのパターンが合うのか…。

 

じゃあ例えば。

①通院・入院…1日10,000円が上限金額。合わせて上限50日の日数制限。

 手術…1回100,000円が上限金額。年3回まで。

 免責金額なしの補償割合70%、年間保険料25,000円

 

②通院入院手術全て合わせて700,000円までの保証。

 免責金額なしの補償割合70%、年間保険料20,000円

 

と2社あったとして。

①は最大で800,000円②は最大で700,000円の補償ってことだよね。

 

そして何かしらの病気・怪我などで

手術…150,000円

その後の入院…15,000円×10日間

=300,000円の費用がかかったとして。

 

①手術…100,000円(上限金額)

 入院…15,000円×0.7=10,500円(上限金額を500円オーバーの為切り捨て)

 10,000円×10日間=100,000円

 =200,000円の保険金請求が可能

 

②通院入院手術全て合わせての補償なので…

 300,000×0.7=210,000円の保険金請求が可能

 

と。この場合だとの方がお得に見えますが、入院通院の補償金額の違いによっては差が出ないこともあります。

色々うんうんと考えていたのですが、トータルでパッと補償金額が分かるの方がいいかなあ…と考えています。

一応腎臓病の猫さんの年間治療費の平均額みたいなのもぐぐったのですが、それによると年間300,000円には満たないほど。仮に何か他の手術をしたとしても、年間700,000円はそうそう超えないかなあ…。

あともし500,000円の手術費用が、なんてことになると①は上限の100,000円なのに対し②は350,000円請求出来るってことか…。そういう時は上限金額なしってのが効いてきますね…。まあ500,000円の手術費用はそうそうないと思いますが…。

 

ただで1つネックなのが、補償開始までの待機期間があること。

保険加入したはいいが待機期間の間に発症した病気は補償出来ませんよーというもの。

加入したはいいが待機期間の間にシマシマに何か病気が見つかったら…

 

 

 

 

って言ってる時間がもったいなのでサクッと加入することにします。

 

 

 

ほいじゃあ、またね!(補償が始まるまで頼む…頼むぞ…。)

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村