33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

544 そんなベタな!と思うけど、そういうのこそグッときたりする。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

最近スマホを見ている時によく広告として出てくる「11年後、私たちは」という漫画ですが。

 

 

 

 

 

続きどうなるん…!!無料分は読んだ。

 

もう何だよ…いいとこで切りやがって…大人しく部長だか課長だかにしときなさいよ…間違っても元彼と復縁するなよな…。

課金してもいいのですが、これに課金するならガンニバル読みたいなあ…ううむ…。

 

 

 

 

ではタイトルの件。

わたしいまの職場に勤める前、販売の仕事に就いていまして。接客業だからね、ほんとにいろんな方がいらっしゃいました。

つられてこっちまで笑顔になってしまうようなお客さん、何言ってんだこの人…?なお客さん。

まあ1番厄介だったのはスタッフなのですが…。

今日はその中でも思い出に残っているほっこりしたお客さんの話でも。

 

 

あれはわたしが遅番として勤務していたある日のこと。

閉店時間まで30分もなかったため、店内の掃除や日報のまとめなど出来る限りの閉店作業を終え、あとは時間が来るのを待っているという時。

1人の男性が店内に入ってきます。

その時わたしが勤めていたお店ってファンシーショップと言うか何と言うか。男性1人のお客さんなんてそうそう来ないようなお店で。

 

あら珍しい、と思いつつ。でもそのお客さんをじっと見つめるわけにもいかないからね。何かそのへんの物を整理してるフリをしたりしなかったり。

するとその男性、ちょっと急いでいるような慌てているような。そんな感じで。

足早に店内の商品をぐるりと見てまわり、あ!とあるものを手に取ります。

 

 

それがでっかいぬいぐるみで。

 

もうね、店内にある中でも1番おっきなやつ。クマか何かは忘れましたが。

 

それを持った男性は真っ直ぐレジに向かってきます。

その光景を見ながら、

 

おお、プレゼント用とか言われたどうしよ。あんなでっけえぬいぐるみ包んだことねえよ…。うーん、あーしてこーして…などと脳内シュミレーションしながらレジにて対応を始めると。

 

すみません、プレゼント用でお願いします、と男性。

 

だよねえ…と思いつつお会計を先に済ませ、出来たら呼ぶから待ってて、的なことを伝え作業開始。

 

うーん…にしてもでかいな……これをあーしてそーして…こーやって包んで…ほんでここにリボンつけて…あとはこれに入れて、ここをこうして…と。

 

そうしてラッピングした商品を渡すため声をかけ、仕事終わりであろうスーツを着た男性はありがとう!と商品を受け取り颯爽とお店を出て行きます。

 

いよいよ閉店時間が迫ったわたしは、いまの売り上げを今日の売り上げに加えながら。

 

あれ、娘さんへのプレゼントかな。今日誕生日なのかな。この時間になるとプレゼント買うのにもお店が限られるよね。

あの人、仕事終わりだよな。今日は早く帰るから!なんて約束したのかな。そう言ってパパいっつも遅くなるじゃん!みたいなこと言われたのかな。大丈夫、あんたのとーちゃんはでっかいぬいぐるみ抱えて、もうじき帰り着くぞ。

喜んでくれるかなあ。ラッピング、ちゃんと出来てるかな…。でもまあ、喜んでくれるよね。なんてったってでっかい。成人男性なら片手で持てるけど、子供なら間違いなく両手じゃなきゃ持てない。そんな大きさ。

はいこれ!なんて渡されて。わたしが包んだラッピングをガサガサして。中からでっかいぬいぐるみ出てきて。わあー!って。パパありがとう!って。

 

なんかもう…

 

 

 

 

 

こっちがありがとう…( ´;ω;`)

 

と。そんな場面を想像し、目がうるっとしたことがありました。

 

いやそれならあらかじめプレゼント買っとけや、とも思いますが。仕事がバタバタして、とかね。大人にも色々あるから。ほんとの状況なんて分かりません。

 

 

そして次の日。

この業種で長く働いている人とシフトが同じだったので、

 

昨日こんなことがあった。こうしてああしてそうして包んだんだけど、大丈夫だったかなあ、と聞いてみると

 

 

正解(^-^)b

 

との言葉をもらいました。

 

 

販売員がお客さんに言う「ありがとうございました。」

それは時に、商品お買い上げ以外の意味のありがとうも含んでいるのかもしれません。

 

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村