33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

558 世の中の不思議。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

ようやくトラジのバタバタが落ち着き日常です。

あれからわたしのおかあさん、ちょこちょこ2階にやってきてはトラジと触れ合っています。

まだ慣れていないため少し不器用な触り方ではありますが、トラジというとんでもなく懐っこい猫さんのおかげでおかあさんの中の猫株がぐんぐん上昇しています。

しかしトラジの何が可愛いかって。ぷるんっとした立派なにゃんたま。獣医さんからもあら立派♡なんて言われて。

こう、歩いてるところを後ろから見ていると、足をついた衝撃と言うほどでもない衝撃で、その度ぷるっ、ぷるっ、っと揺れるのです。

いずれ去勢するのですが、シマシマと合わせて寂しいですねえ…。

 

 

 

 

ではタイトルの件。

最近長めのブログが続きましたのでサクッとしたものをいきましょう。

 

わたしと隣県さん、デートの際はよく施設を利用するのですが。

 

 

 

 

え…?施設って何だ、って??

 

それはまあ、アレよアレ。カップルが揃いも揃ってゴソゴソする場所と言うか何と言うか…。みなさんもご利用しちゃってるでしょう。もう!

 

わたしたちはお互い実家住み、加えてこのコロナ禍、お篭りデートにと最低でも月イチはお世話になっているのですが。

最近では対面式って滅多に見ませんよね。部屋に入るところから出るところまで誰とも顔を合わさず、というパターンが大半だと思うのですが。

そんな感じで部屋に入ると、アレ置いてません?

 

 

 

スロット台。

 

何かよく置いてるよなあ。暇潰しにでも打つんやろか、なんて思っていたのですが。先日ふとした時に思い出したので調べてみました。

すると驚きのと言うか、役所ならではだなあ…なんてことが分かったので筆をとった次第です。

 

元々施設は旅館業のため、保健所の許可を得て営業していました。

しかし2011年の法改正により、保健所からの旅館業の許可に加え、警察からの風俗業の許可も必要になったと。

保健所と警察って全く別の組織なのでそれぞれのチェックポイントは違うのですが。

 

まずは警察。

こちらは未成年についてのチェックが厳しいんだとかで、冷蔵庫の中のアルコールを撤去しろとか何とか、まあ真っ当なチェックポイントですよね。

 

問題(?)は保健所。

こちらは旅館業なのでその点についてチェックするわけですが。

じゃあみなさん、どこかのビジネスホテルに泊まる際、温泉旅館に泊まる際、チェックインの時って住所や名前を記入しますよね。

でも施設ってチェックインの時もアウトの時も誰と顔をあわすこともなく、そこがウリだよね。

保健所的にはこれがアウトで。受付も無人、精算も自動精算機で無人。どこの誰が泊まってるか分からんなんてそれはダメだと。

 

しかし実はあの自動精算機、中々にハイテクな機械のようで。自動精算機という名前の割に両替機能なんてのもついています。

 

ピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

じゃあ何で両替機なんかいるのかと。施設ですることなんて1つでしょ。何で両替機が必要なのかと。

ここで登場するのがスロット台

このスロット台で遊ぼうとして、中には小銭がない!なんてお客さんもいるかもしれない。

 

 

ってことで両替機置きマース☆

 

え?これ?これ自動精算機じゃなくて両替機だから。それなら問題ないよね☆

 

というのが施設側の言い分。

 

そして保健所側も、

 

あ?両替機…なの?じゃあまあ…オッケー…かな…。

 

と、何だか警察とパチンコ屋さんの古物商云々と似たものを感じますね。何ともお役所らしい見て見ぬフリです。

 

だから自動精算機がある部屋には必ずスロット台が置いてあるというわけですね。

もしぱっと見なかったとしてもクローゼット開けたとこに、なんてこともあるようです。

 

施設側としては売り上げも良くないし部屋とミスマッチだわで置きたくないのが本音のようですが。

 

まあしょうがないよね。両替機を置くためには。

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村