33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

562 お歌の時間。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

昨日のデートは久しぶりにデートらしいデートでした。わたしたちが女同士なんてことも忘れて、うっかり普通に手なんて繋いじゃいそうな、そんな感じで。

 

後述しますがまずはメインのことを堪能し、続いて向かうはゲーセン

昔しこたまやったクレーンゲームには目ぼしい景品がなかったため、メダルゲームでもやってみっか、とリアルマネーをメダルに交換。

 

どれにするー?とりあえずこれにしよっかー。

とメダルを投入し、それが押し出されて自分の側に落ちてくるヤツをやってみたり。

あ、何かマリオのヤツあるよ。やってみよー、と分からないなりに2人でギャアギャア言って盛り上がったり。

そして昔懐かし(?)競馬のゲームもあったりして。そんなのもう、やらないわけにはいきません。

2人並んで着席し、モニターに映る馬の情報を見ていきます。と言ってもリアルな馬の映像なんてものではなく、キャラクター化された馬が次のレースへの意気込みを一言、みたいなもので。

 

あ、見て!2番やる気アリだって!

4番馬ってよりポニーじゃんwwwでも可愛い♡

 

なんて言いながら、昔とは違う操作に戸惑いつつBETします。

そうして3,4ゲーム目からはそれぞれでBETしようということで、わたしは自分の操作を終え隣県さんを見守っていると、残り時間数秒で未BETだったため何番!?賭けろ賭けろォ!!と慌てて希望通りの馬にBET。

 

すると。

 

 

 

 

20倍の倍率で隣県さんが的中。

 

何枚!?何枚賭けた!?10枚??ひゃっほう200枚になったぞー!

 

と喜ぶものの、的中した際に点灯するランプが点いていません。

 

……あれ?何で…?5番だったよね??と確認すると

 

 

 

 

あ(;`Д´)BET出来てない(;`Д´)

 

 

さすが隣県さんです。200枚…。

 

 

 

 

 

ではタイトルの件。

そんな感じで昨日のメインはカラオケでした。前回のお泊りの際のカラオケが楽しすぎてねえ…。

終盤に差し掛かった頃、隣県さんが採点モードをonにします。

お、せっかくの採点ならちょっと丁寧に歌うか、と伸ばす部分なんかに気をつけつつ歌うと92点が出まして。

あ、いやいや歌が上手いのを自慢したいとかじゃなくてね。あの、ほんとにね。わたしなんてまああくまで普通レベルの上手いって言うか。全然大したことなくてね。ほんとに歌が上手い人に比べたら全然って言うかね。

 

そして隣県さんからも上手だね、なんて言われて気をよくしたので、わたしの思う歌を上手に歌う方法なんかを書いてみようかなと。(ここまで前置き)

 

あ、ちなみに採点が厳しいと言われているDAMで92点ということも書き添えておきます♡(しつこい)

 

 

えっとね、歌を上手に歌うって、もちろん音程を外さないことがまず大事なんだけど。じゃあどうやって外さないかってことだよね。

 

それがね、声の出し方だと思うのです。

つってもね、やれ腹式呼吸がどうとかじゃなくて。いやそれも無意識にやってるのかもしれないけど。

わたしが言いたいのは、あくまでもいつも通りの声で歌うってこと。もうちょっと言うと、リラックスして歌うってこと。

 

やっぱり歌うってね、普段の話し声よりも大きいボリュームで声を出すわけだよね。となるといつも通りの声とはちょっと違うわけ。

加えて、この曲はちょっといい声で歌ったろ…みたいな力みもあると思うんです。

でもそれじゃ声も出にくいし、音程を調節するためにいらん力が入ってしまう。

 

いまこれを読んでくださってるみなさん、おそらくリラックスした状況だと思うのですが。力の抜けたその状態であーーー、って声を出してみてください。

 

いいですか?いきますよ?

 

せーの、

 

 

 

あーーーーー

 

 

そう、その声で歌うんです。

 

どうしても話し声に近いわけだから、歌うにしても最初はボリュームも足りないかもしれない。

でもパワフルなボリュームで歌うとか、ここビブラートかけたいとか、いい声で歌いたいとか。そんなのはもっと後でいいんです。まずはとにかくリラックスした状態で声を出す。イメージとして喉だるんだるんな感じで音程に対応する。

どっちにボールが飛んでくる!?って力んでる時よりふ、っと力抜いた時の方が意外と反応出来たりするでしょ?そんな感じなんです。

高い声を出すにもどうしても力が入っちゃって、そうなると喉も狭まって本来出るはずの音域も出なくなったりコントロール出来なくなったりする。

わー!っと足りないボリュームを補おうとするなら、そこはもうマイクのボリュームを上げた方がいい。

 

わたしはボイトレを受けたわけでもないので専門的なことは言えませんが、このことを気をつけるようになってから声が出しやすくなったように思います。

 

何にでも通じる話かもしれませんが、リラックス大事!ということですね。

 

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村