33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

590 ②車見てきたよ!

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

 

では車屋さん巡りの続きです。

 

の前に。

 

今回の車選びで重視したのは積載性を含めた居室性。まあスイフトと比べると大体どれも広いので、これはそう心配しなくても大丈夫でしょう。

そしてもし次に車を買うのなら絶対に欲しいと思っている機能がありまして。

 

 

それがクルーズコントロール

 

もう少し言うと追従型クルコンなのですが、とりあえずクルコンという呼び方で話を進めていきましょう。

 

昨今浸透してきた機能だとは思いますが一応説明しますと…

 

このクルコン、アクセルを踏まずとも速度を一定に保ってくれる機能なのですが、主に力を発揮するのが高速道路での走行

高速道路って道幅は広いし信号はないし、だからそれなりの速度を出して走るところだよね。ってなるとペダル操作をする右足には常に負荷がかかる。 

でもクルコンなら90kmに設定すればアクセルを踏まずとも90kmをキープしてくれるので、足への負担や速度のムラによるガソリンの無駄遣いなんかが減らせるのです。

もちろん右足はいつでも操作出来るようにスタンバイしておかなきゃいけないけど、これまでのようにずっと右足を踏み込むことからするとその負担軽減は思った以上に大きいものなのです。

でブレーキ踏めば解除されて、また設定したければ設定ボタンポチーっというのが通常のクルコン。

 

これが追従型クルコンになると…

車に搭載されたカメラやレーダーで前を走る車を捉え、その車に追従する形でアクセル操作に加えブレーキ操作までしてくれるのです。

仮に追従型クルコンを90kmで設定、でも前の車が80kmで走行しているとなれば、設定した車間距離を保ちつつ80kmに減速して走行

前の車が90kmに速度を上げれば同じように車間距離を保ちつつ速度を上げ、設定した90kmを超える速度になれば徐々に引き離されていずれ見失う。そうなると設定している90kmで通常のクルコンが開始され、また前に車が現れるとカメラもしくはレーダーが捉え、と。

 

まあ早い話、

 

 

 

高速めっちゃ楽になるってことです。

 

わたしがそれを体験したのってスバルのアイサイトというクルコンでして。で結構評判いいんだよね、アイサイト。他のメーカーさんは口コミを見る限りもうちょっとかな?といった具合なので、そのあたりの違いを許容出来るかどうかでしょうね。

 

と長々と書いた割に試乗の時はクルコン使ってないんだけどね。

 

だって…街中で使うのはちょっとこわい…交通量多いし…慣れない車だし…。

 

 

というわけで本題、車屋さん巡りの続きをいってみましょう。

 

後編1社目として訪れたのはSUZUKI。こちらでの狙いはソリオです。ソッソ、ソーリオッ♪ってやつですね。CMの。

わたしと年がそう変わらないであろう男性担当者にソリオのことを伝え、早速展示されている車を見せてもらいます。

と、ソリオの隣にソリオバンディットが。

 

33「これ何が違うんですか?」

 

担「顔です(^∀^)」

 

33「…。(確かに顔違うわ…)」

 

他にないんかい、と思いつつ、後席の広さやトランクを見ていきます。

 

おお…やっぱコレ系は後席広いよなあ…前後に調節も出来るし。あ、後ろの人が飲み物置いたりするのに使えるミニテーブルもあるやん。そんで後席ちょっとだけど後ろにも倒せるんだな…。何気に細かい部分でポイント高いな…。

 

33「これはなかなか…ただ…後席スライドドアなんですよねえ…お子さんいる方にはいいんだろうけど、わたしあんまりすきじゃなくてwww(せっかち)」

 

担「そうおっしゃる方も結構いらっしゃいますwww閉まるの待つのが嫌だって…www」

 

 

 

でこちらも試乗車が出てまして。

 

戻りはまだ時間がかかりそうとのことで、とりあえず条件だけ伝えて見積もりをお願いすることに…。土曜日に行ったので仕方ないとは言え、まだフリードしか実車出来てないぞ…。

 

担当の方もわたしたちがすでに何社かまわっているのは分かったようで、ならばあまり引き留めるのもな、といった感じのさっぱりした対応で終わってくれました。実用性の高いソリオに加えこちらも好印象。

 

 

後編2社目。今回の車屋さん巡りではラストとなるダイハツへ。

こちらでの狙いはロッキー。うん、ライズと同じなんだけどね。開発はダイハツでね。

 

ダイハツにはほんのすこーし、繋がりと言えるかも分からないほどのうっすらとした繋がりがあったため、担当者の帰社を待ちます。

って言ってもただ待ってるだけってのも暇なので、お姉さんに(ロッキー)見ててもいいですか?と許可を取り外へ。

 

すると。

 

 

 

 

良さげなロッキー発見。

 

1年落ちの中古なのですが、走行距離1,000㎞ほどの試乗車あがりとのこと。グレードは1番上のプレミアムで諸々の装備は搭載済み。でこの金額か…車検も1年半は残ってて、契約さえすればすぐにでも乗り出せるような状態。ふーむ中々…と担当者も戻らない内から心が動きます。

 

そんな感じでロッキーの周りをふんふん言いながら見ていると担当者が帰社。わたしは初対面だったのですが、

 

 

 

 

 

目どした??

 

ええ!?ちょっと、真っ赤やん!大丈夫??

と思わず聞いてしまいそうなほどに目が真っ赤な担当者。おそらく花粉症だと思うのですが…。あとすげえまつげ長いな。(男性)

 

これまでと同じように希望の装備やグレード、先ほど外で見た試乗車あがりのロッキーのことも交えて色々と話を聞きます。

そしてここでも気になっていた疑問をぶつけてみました。

 

ロッキーとライズ、見た目や細かい装備に違いはあれど、元はダイハツが開発しTOYOTAでも販売されている兄弟車。

そして車にはグレードというものがありますが。

ダイハツはプレミアムを最上とした4グレード展開、ライズはZを最上とした同じく4グレード展開。少し調べてみたところ、ライズ(TOYOTA)の最上グレードであるZが、ロッキー(ダイハツ)の上から2番目のグレードに相当すると。

金額はダイハツの方が若干安く、でも装備に少し違いもあったりする。その価格差と装備の違いを天秤にかけて、など思うところは人それぞれあるでしょうが、わたしはダイハツの方がいんじゃね?という印象。

しかし街中を走っていると見かけるのは断然ライズの方が多くて。それってどうして?TOYOTAブランド?と聞くと、

 

 

担「それはですね…

 

 

 

 

 

店舗数の違いなんです…。

 

TOYOTAさんはTOYOTAだけじゃなくTOYOTAカローラやネッツTOYOTAがあって、販売出来る店舗数がめちゃくちゃ多いんです。比べてウチは…。」

 

と少ししょんぼりした担当者の方を見て申し訳ない気持ちになりました。何かごめん…。

でもフォローするわけではありませんが、そうしてみるとダイハツは健闘してるってことですよね。店舗数の違いは倍どころの話じゃありませんから。

 

とりあえず担当の方も帰社したということで早速試乗してみることに。

先程の1年落ちの中古とは別のものなのですが、こっちの色もいいなあ…ライズの時も思ったけど意外と後席広くて荷物もイケるんだよなあ…などとぶつぶつ言いながら運転席へ。

車の往来が途切れるのを待ち、車道へと出たのですが。

 

 

 

 

 

軽ッ!

 

5人乗りの車に3人乗車、加えてコンパクトとは言えSUV系の車体で排気量は何と1,000cc!それにしちゃえらくスイスイ坂道をイケるなとおかあさんと話していると、

 

担「ふふふ、そうでしょう軽いでしょう。ロッキーね、見た目より車重が軽いんです。ウチの売れ筋タント、軽自動車ですけど。それと比べるとほとんど変わらないんですよ。」

 

33&母「えっ!?タントと変わんないの!?いくらコンパクトSUVって言ってもさすがに軽と比べたらこっちの方が重くなるんじゃ…?」

 

担「そこはまあ、開発の努力だったり。でもね、タントとかスライドドアの車に共通して言えることなのですが…

 

 

 

 

スライドドアって結構重いんです。

 

33&母「なるほど!でもタントは軽だから排気量は…?」

 

担「660とかそれぐらいですね。排気量がそれだけ違って車重が同じだから、タントはちょっと重めの運転感、ロッキーは軽い運転感になるんです。」

 

33「なるほどねえ〜…。て言うか運転感ほんと軽い。でもいまのところカーブでふらついたりはないね。よく隣県に行ったりするのでそのへんしっかりしてるのはポイント高いです。」

 

担「実は僕もロッキーに乗ってるんですよ。もう少し経ちましたけど、加速でイラッとしたりはないですね。」

 

33「おお、じゃあ買ったらお揃いですね。いま3人乗ってても何ともないですもんね。」

 

担「実質4人ですけどね…。」←担当の方はちょっぴりワガママボディ

 

33&母&担「wwwwww

 

 

なんて時折担当の方から自虐を交えた発言もあったりしつつ、和やかな雰囲気で試乗を終えました。

 

そして車を降りてふう、としている時。

 

母「やっぱりロッキーにしなよ。あんたに似合うのロッキーだって。」

 

33「うん…それはね、自分でも思う。鏡見なくても分かる。わたしロッキー似合うな、って。フリードは似合わんわ。」

 

なんてことも言われ、いまのところロッキーが本命になってい……

 

 

 

 

たのですが。

 

以前書いた車関係の相談に乗ってくれるおっちゃんを覚えているでしょうか。

見た目がこわくて職人さんの、生死の境を彷徨ったドラレコくれたおっちゃん。

あのおっちゃんに話を聞いたところ、そのラインナップならスズキにしとけと言われもうどうしよう…。

 

何でもタイミングベルトとかそういった部品的なものがスズキの方が長持ちするとか何とか…わたしにはそのへんは分かりませんが、でもおっちゃんが言うならそうなんでしょう…うぅ〜ん…。

自分が欲しいものを買うのが1番とは思いますが…また時間の取れる時にダイハツとSUZUKIにお邪魔するとしましょう…。

 

 

 

ほいじゃあ、またね…。

 

↓よかったらぽちりんこ。↓(う〜んう〜ん…やっぱ見た目はロッキー…。)

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村