33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

648 仕事とは。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

昨日も寝落ちしちゃって…。

 

いや違うんです。昨日はほんとに大して眠くなくて。だから映画でも観ようかな、て思ってて。

じゃあどっちにするかなって考えてると、シマシマが毛布にもぞもぞ潜り込んでいきまして。

いままでは毛布の上に寝そべってることはあっても、中に潜り込んでることってあまり見たことなくて。

まあ確かにね、梅雨の時期ってちょっと寒かったりもするよね。それにしても可愛いな。お尻ふりふりしちゃって、なんて思って。

したらさ、わたしも行くよね、ベッドに。いやいや寝る気なんて1㎜もなかったけど、シマシマにさ、なんなーん、もう寝るーん?みたいなさ。そういうウザ絡みをね、ちょっとしとこうかなって。

 

 

で気付いたら日付け変わってて。

 

うそやん、って。シマシマの体の中でも特に柔らかい毛、胸毛をスリスリ触った覚えはあるけど。それ以降の記憶が一切ないぞ、って。

 

猫さんの毛にはどういう作用があるんでしょうね…。

 

 

 

ではタイトルの件。

そんな感じでちょっと仕事は落ち着いたのですが。

どうでしょう、みなさん仕事にどんなスタンスで取り組んでいるんでしょう。

 

え?わたしですか??

 

まあ、、、

 

 

 

 

食えりゃいいかな、って…

 

わたしは仕事、出来る限り楽したい。省けるところなんかガンガン省く。頼られりゃ嬉しいし、それには出来る限りで応えたいとも思うけど、大した上昇志向もない。ほんとに、わたし1人食えたらいいかな、って。

それでも隣県さんみたいな大事な人が出来れば、いままでよりは頑張んなきゃな、と思いもする。でもやっぱり、無理してまでは頑張りたくない。

 

有名なコピペで、

どっかの島にエリートサラリーマンが訪れて。そこの魚の美味しさに感動して、漁師さんたちにどうしてもっと魚を獲らないんだ、どんな生活をしてるんだい、って聞くんだよね。

したら漁師さんたちは、その日食べる分を獲って。余ったら売って。余暇は昼寝したり奥さんとお酒を飲んでのんびりして、って生活で。

それじゃもったいないって。こんな風にビジネス展開していけばいい、ってエリートサラリーマンがアドバイスして。ここまでいけば会社は人に任せて、君は億万長者だよ、って。

それを聞いた漁師さんはそれで?と聞き返して。

エリートサラリーマンは、そうなったら君は昼間からお酒でも飲んで、奥さんとのんびりして、って。

 

何のこっちゃ、って話だよね。

確かに財産は築けた。それによって取り除ける不安もある。だけどそれを築く間、家族との時間は失ったのかもしれない。

 

自分を磨いて、目指すものがあって。そうやってキラキラ輝いていることは確かに素敵なことだと思う。それを叶えるために努力をすることは容易ではない。

 

 

でもわたしは頑張りたくない。

 

自分にとってのちょうどいい仕事の「感じ」は分かってきたつもり。自分を削って削って削って。その結果、何のために頑張ってんだっけ、なんてことは思いたくない。頑張り過ぎて、自らしんでしまうなんてことは、あっちゃいけない。

 

仕事はあくまでも、お金を得るための手段。そしてお金は色んなものに交換出来て、生きていく上では必要なもの。

だけどわたしには、必要以上にお金を稼ぐ、それより大事なものがある。

 

 

というお話。

 

  

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村