33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

649 生理についていま一度。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

ほよほよほよ…。体がだらしいのです…。仕事で疲れたというわけではなく、女性特有期のものなのです。

 

あ、ところでだらしいって通じますかね。だるーいしんどーい、みたいな感じなのですが。

 

そんなタイミングなので、いつかも書いた気がしますが生理について書いてみましょう。

一口に生理と言っても、最中だけのことではありません。

 

〜生理前数日〜

イライラ

とにかくイライラ。何故かイライラ。いつもなら流せるであろうことも、この時はひっかかります。なーんかイライラしてんな、という感じで、あ、そろそろか、と気付くきっかけになったりもします。この頃は刺激せずそっとしておくのが吉。

 

爆裂無尽蔵食欲

腹が減る。とにかく腹が減る。食べても食べても食べられます。何なら食べてる最中にお腹空いた…と思います。そして食べすぎたことへの罪悪感と体重増加でまたイライラ。

 

お肌の不調

食生活含めそれまでと同じ生活を送っていても、この頃には肌荒れのトラブルが。イライラ更にドン。

 

便秘

基本的に快腸なわたしですら生理前は便秘になったりします。毎日出るものが2,3日出なくなりゃお腹も張って苦しいです。

 

おっぱいが張る

わたしは特にこれが顕著なのですが、おっぱいがぱつぱつになります。ブラもきつくなるし制服のボタンもきつきつ。そして痛い。何者も触れてくれるな、と思うぐらい痛い。そんな症状を抱えてる女性がパートナーって人は、この頃は冗談でも触らないであげて。マジで痛い。

 

メンタル闇堕ち

この頃は特に悲観的になりがち。わたしもそっと世界の滅を願ったりします。

 

これらはPMS月経前症候群と呼ばれるもので、多くの女性に見られる症状なのではないでしょうか。

その種類も様々で、上記に書いた意外にももっともっとたくさんの症状があります。

 

〜生理開始〜

体温の変化

女性はホルモンの影響によって、ひと月の間に高温期と低温期を繰り返します。生理が始まるとそれまでの高温期から体温が下がるため、寒いと感じることも。俺があっためてやんよ…よりもブランケットやカイロを渡してあげましょう。

 

痛み・だるさ

とにかく痛い。とにかくだるい。この時は何もしたくない。常にあるだるさに加え、時折り、もしくは人によってはしょっちゅうやってくる痛みが。

生理痛が軽めなわたしでもいたたたた!と声が出ることもあり、薬を飲んでも起き上がれない人もいる。

この時は多少やるべきことが出来ていなくても目を瞑るべし。

 

眠気

眠い。とにかく眠い。ホルモンの変化やそれによる体温変化の影響もあり、生理中はとにかく眠い。決してだらけて寝ているわけではないのです。

 

お腹を壊す

先ほどの便秘とはうってかわって、今度はお腹を壊します。何ならまだ早いんじゃないの?って分まで押し出されてくる。

いざ出そうとする際にも生理痛とあいまっていたたたた!みたいなことも。

 

 

と、あくまでわたしに起きていることですが、それでもこれだけの症状があります。そしてわたしは生理にまつわる諸々が軽い方なので、大変な人はもっと大変。

 

男性にとっては中々理解しにくいものかもしれませんが、月一で確定で風邪をひく、とでも思ってもらえればそのしんどさが伝わるかなと。

 

そんなわけで…

 

 

 

 

f:id:atamagaokashikunatta:20210617234018j:image

わたしはピノでも食べます。

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村

f:id:atamagaokashikunatta:20210617234034j:image

ウマーイ(*´ω`*)