33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

650 ノンケとビアンの友情。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

金曜日の夜ゥー♪

 

そんなわけでウキウキでお肉を買って帰りました。また1人de焼肉☆を開催しようと思って。あ、大根おろしでね。

ほら、削れた分の体補修しないといけないから。タンパク質摂らなきゃいけないから。

 

贅沢を言うならば、こんな時肉食おうぜー♪つって集合してくれるような友達がいれば、とも思いますが、わたしは友達が少ないのです。

でも悲観してるわけじゃなくてね、いまいる友達と呼べる人たち、わたしみんなだいすきです。

友達にも色んな種類や幅があって、中には友達だけどちょっとなあ…あの人ああいうとこが苦手なんだよなあ…みたいな人もいるかもしれないけど。わたしは自信を持ってみんなをだいすきと言えます。

 

その中でもノンケの友達つったら、多分千代子さんしかいないんじゃないかなあ。

っていうのがね、あくまでもわたしは、なのですが。窮屈だったんです。ノンケの方たちとの友達付き合いが。

わたしが花も恥じら……いや当時から恥じらってはいなかったけど。20歳そこそこの頃、ノンケの友達もまあまあいました。わたし自身のセクシュアリティはみんな知らずに。

でさ、20歳そこそこって言ったら、学生時代よりはちょっとアダルティに変化した内容の恋バナなんか、わんわん花が咲くよね。だけどわたしは話せないの。女性がすきだから。

いまでこそ新しく知り合う人がいたとしたら、時と場合によってはこのセクシュアリティを明かした上で友達関係を築けるかもしれない。でも当時はそれが出来なくて。だから恋バナも出来なくて。

恋バナってさ、結構大きいウエイト占めるじゃん。女子にとっては。みんなわたしにも話を振ってくれるけど、話せなくて。誤魔化すしかなくて。

なんなーん、じゃあ誰か出来たら教えてよなーwwwみたいなさ。うん、言えるもんなら言いたかったけどね。

そんな感じで、窮屈で、ちょっとしんどかったんです。

 

きっとね、わたしが過去友達だった人、その人たちの中にも理解してくれる人、そうじゃない人、いたと思うんです。窮屈なんて感じる必要はなかったのかもしれないけど。やっぱり当時のわたしには出来なかった。

もちろんビアン(セクマイ)の中にも、そういった自身のセクシュアリティだどうだを置いといてノンケだろうが友達関係を築ける人はいるし。ひとえにわたしの友達スキルが低いのかもしれない。

 

隣県さんの話聞いてるとね、いまの人はすごいなあ。時代は変わったよなあ。そんな風に思います。だってさ、バイとかビアンとか、もちろん言えない人もいるだろうけど。わたしの学生時代じゃ考えられないぐらい明かしてるの。

「そう」だったとしても、おかしいことじゃない。そんな考えが浸透してるんでしょうね。すごい、ほんとにすごいこと。わたしが中学生の頃だったら村八分だぞ。

 

いまでこそそういう人たちがいるってのが浸透してきて、このブログ繋がりでも理解してくれる人たちはいて。それはね、ほんっっっとに嬉しい。わざわざお礼を言うことでもないのかもしれないけど、出来ることならハグの1つでもしたいぐらい。

 

…下心抜きでね。(女性に対して)

 

でもさ、やっぱりこれって普通ではないことで。こちらとしてもちょっとね、心苦しい部分はあるのです。

いや嬉しいのよ!理解してくれるのはほんとに嬉しいんだけど。何かしらで気を使わせることはあるよなあ…と。

理解してくれるのは嬉しいけど、それはあくまでもその人が理解してくれたってだけで、それを当たり前なんて風には思えない。女なのに女性がすきって、どうしたって普通じゃないからね。

 

って言うと何だか悲観してるような感じになりますが。別にそんなことはありません。この年になるとね、

 

 

 

 

だからどうした。

 

そんなもんです。あ、うん、変態だけど?ぐらいの。

 

でもそう思えるようになったのも、時代の変化は関係してると思います。

 

わたしの村八分時代から20年ほど。(されたわけじゃないけど)

隣県さんの「いま」から20年後は、一体どうなっているんでしょうね。楽しみという意味で、わたしは期待しています。

 

でももういまだって、

 

 

 

 

優しい時代に乾杯。

 

そんな気持ちです(´v`*)

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村