33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

652 そんな時期ですねえ。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

怠惰な日曜日…みなさまいかがお過ごしでしょうか…。

わたしはこのあと頂き物のマンゴーに舌鼓を打つ予定でして。果物としてちょっぴりお値段の張るマンゴー、普段は自分で買うわけもありません。さぞかし美味しいのだろうと期待しています。

そして隣県さんとPUBGをして…ということでサクッとまいりましょう。

 

 

昨日隣県さんとバイバイし、いつもの如く2時間半の帰宅ドライブをかましていた際のこと。

あーあ、スイフトさんとここを走るのもあとどれだけか。ほんとによく走ってくれたよなあ。

なんて思いながら暗い夜道をぶんぶんしていると。

 

わたしが走っている車線のど真ん中に何かが落ちているのが見えて。近付くとそれは子猫ちゃんで。

おおお子猫ちゃん!?生きてる!?しんでる!?あ、こっち見た!生きてる!

と慌てはしたものの、対向車線も後続車もなし。そして急ブレーキを踏むほどでもなかったので避ける判断を。

しかし相手は子猫。わたしが避ける方に来るんじゃねえぞ…!と思いつつハンドルを切ると、幸いにもその場でジッ。

おお、よかった。でもあのまま車線のど真ん中にいるといずれ轢かれるのは目に見えてる。

ということですぐ先でUターンし、先程の場所へ。

窓を開け子猫ちゃんの様子を見ると、怪我をしてる風でもなさそう。じゃあそこからはお暇してもらうぜ、と車外に出ようとすると、子猫ちゃんのいる車線に車が!

おおおい!危ねえ!ということでハイビームをカチカチし注意を促し、無事その車は通過。

車の通りがなくなったところで子猫ちゃんの元へ向かうと、すぐさま歩道へと逃げます。

よしよし、そのままそっちの草むらにでも入るんやで、と思いながら車に戻り、再び子猫ちゃんを見るとすでに道路へと出ています。

 

おおい!お前ェ(;`Д´)

とは思いつつも放ってはおけません。今度は先程よりも圧をかけつつ子猫ちゃんに近寄り、先程よりも奥へ行くよう促します。

その甲斐もあり子猫ちゃんは草むらに入ったのですが、すぐさまぴょこっと顔を出したのでダメ( `Д´)と圧をかけます。

そうして車に戻り、顔を出さなくなったのを確認して出発。

 

シマと出会った頃から推察するに、生後3ヶ月にも満たないであろう子猫ちゃん。とてとてと歩けるようになって、楽しくなってきたんでしょうが外の世界には危険がたくさんある。

だから猫ちゃん側が危険を学んでいくのも大事ですが、人間側もどうか気をつけてあげて、という猫げぼくからのお願いでした。

 

 

ほいじゃあ、またね!

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村