33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女。の、ブログ

33歳で5年半付き合った恋人に振られて頭がおかしくなった女のブログです。

663 こっちもちゃんとするからお国も頼むよ。

どうもどうもこんばんは。33女です。

 

 

 

ロキ子を納車してからというもの、わたしの帰宅時間が少し早くなりました。

もちろん業務量が変わったわけではないのですが、早くロキ子に乗りたい!帰って説明書ちゃんと読みたい!なんて思うとパソコンを打つ手にも力が入ると言いますか。まるでゾーンに入ったかのようにバララララ!とタイピングしております。

ちょうど月初めで仕事がドン!と重なる時なので、やる気も出てることですしバリバリ片付けたいと思います。

 

 

そんな今日は仕事にまつわることを。

この時期になると算定基礎届けというものを提出するのですが。

これが何かってーと。

一定以上働くとなるとみなさん社会保険に加入しますよね?でその社会保険の金額、人によって違いますよね。

この金額の違いは等級の違いなわけで。じゃあその等級がどうやって決まるかってのが算定基礎届けの提出によるものと。

わたしはこの算定基礎届けに不満があります。

 

この等級の決まり方は、4,5,6月に支払われた給与の平均額によって決まります。

例えば給与の支払いが末日締めの翌月20日払いだったとしたら、3,4,5月の給与が対象と。

これがね、月給で固定の給与だったらいいんです。仮に総支給25万だったら25万に沿った等級が適用されて。固定なら平均もクソもないよね。

でもさ、世の中には日給で働く人もたくさんいて。もちろんウチの会社にも何人もいます。

その日給で働く人にとって、この算定基礎届けってちょっと不利なんじゃね?と思う制度なのです。

 

では例をあげてみましょう。

東京在住の45歳、日給8,000円の人が、

3月…出勤日数20日・総支給160,000

4月…出勤日数23日・総支給184,000

5月…出勤日数15日・総支給120,000

こんな感じの勤務状況だったとして。

160,000+184,000+120,000=464,000

で3ヶ月の平均だから464,000÷3=154,666

この154,666を社会保険料の等級にあてはめると12等級となり、

健康保険…8,730+厚生年金13,725=22,455社会保険料として給与からさっ引かれるわけです。んで基本はそれが1年間適用されて。

 

しかし。

 

おかしいと思うのはここから。

先程は3ヶ月全てを含めて計算しましたが、算定基礎届けのルールとして、17日以上出勤があった月を計算対象とするのです。

となると先程の例、5月は出勤日数が15日なので計算には含めませんと。その時は÷2で平均額を出してねと。

 

では計算しなおしてみましょう。

160,000+184,000=344,000

344,000÷2=172,000

これを等級にあてはめると14等級。何と2等級も上がってしまいます。金額にすると、

健康保険…9,834+15,555=25,389

となって、

25,389−22,455=2,934

毎月およそ3,000円多くさっ引かれることになってしまいます。

 

いやいや待ってよと。日給の人は、文字通り出た分の給料なわけ。たった3,000円って思うかもしれないけど、年間で見ると36,000円。馬鹿にならない金額です。

この17日以上の月しか含めないって、何なのそれ。業種やその人の働き方によって、たまたま勤務日数が少ない月だってあるでしょう。なのにそれは含めないって何なの?

そりゃね、社会保険って会社と折半で払うから、なるべく等級下げて負担抑えたろ、なんて会社もあるかもしれない。でも大多数の会社はちゃんと申請してる。

 

じゃあお国もそのまま受け取ってくれよ。

 

もし仮に、その人の3,4月の出勤日数がたまたま多くて。むしろ5月の出勤日数が平均ぐらいだったとして。でも等級は14等級だから120,000−25,389=94,611の手取りになっちゃうわけ。そう考えると、3,000円って大きいでしょ?

出勤日数の調整なんてしてないよ、って前提で国も考えてくれないと、一般的な労働者には負担が大きいよ。カップラーメンって1個400円ぐらい?なんて言っちゃう人には3,000円なんてあってないようなもんかもしれないけどさ。

ふざけんな、って話です。こちとら100円切るカップラーメンをお昼にする時もあるのに。いや美味しいからいいんだけど。アレ、もしかしてシマの1食の方が高くね?なんて思うこともあるけど。

 

先程の例は分かりやすくするため残業等は一切考えていませんが。

3月って多くの会社にとっては決算月で。となると他の月より残業も多くなったりしちゃうよね。そうなるとまた金額も上がって、下手すりゃ等級も上がる。でも5月は17日に満たないから計算には含めません。

等級が上がりうる分はちゃっかり計算に含めなきゃいけないのに、下がるかもしれない分は計算には含めないってどういうことだと。

 

そんな事務方からの抗議(?)でした。

 

 

 

ほいじゃあ、またね😡

 

↓よかったらぽちりんこ。↓

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ ビアンの恋愛へ
にほんブログ村